Blockchain
crypto
fintech
DispatchLabs

DispatchLabsのtest nodeをMacにセットアップする

DispatchLabs

特徴

  1. DAPoSという独自コンセンサスで、高いトランザクション処理量を実現。トランザクションコストがない。
  2. DispatchLabsのバーチャルマシンはEVM製なので現状のスマコンがそのまま使える。
  3. "Artifact"という概念を導入しており、データはDispatchLabsのOff-Chain上で処理できる。

詳しい内容はこちら: https://dispatchlabs.attach.io/rJoHHA0Ez
技術的な質問はこちら: https://discordapp.com/invite/gYTSxR3
website: https://dispatchlabs.io/

ローカルノードのセットアップ

Goインストール

  • curl -O https://dl.google.com/go/go1.9.4.darwin-amd64.pkg
  • go1.9.4.darwin-amd64.pkg then next/next/finish the thing

or

  • brew install go

$GOPATHは一意の適当なパスでいい。

  • nano ~/.bashrc
    • export GOPATH=$HOME/go
    • export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

Dev Box

  • go get github.com/dispatchlabs/disgo
  • cd ~/go/src/dispatchlabs/disgo

2018.06.13時点 working branchがdevなので切り替えておく

  • git checkout dev
  • go get ./...
  • go build

ノード開始

  • ./disgo

動作する。
デフォのconfigファイルが生成される。変更する場合は一度削除して再起動。