Edited at

Ruby injectメソッド

More than 3 years have passed since last update.

injectメソッドは、ブロックを使って繰り返し計算を行うのに使います。ブロックに順に「要素1、要素2」、「ブロックの前回の戻り値、要素3」、「ブロックの前回の戻り値、要素4」、...を渡します。メソッドの戻り値はブロックが最後に返した値になります。

引数initで初期値を指定すると、ブロックに「初期値、要素1」、「ブロックの前回の戻り値、要素2」、「ブロックの前回の戻り値、要素3」、...を渡します。

a = [1, 2, 3]

a.inject(0) {|sum, i| sum + i } # => 6
a.inject(:+) # => 6

a.inject(:*) # => 6
a.inject(:-) # => -4

(1..10).inject(:+) # => 55


fib = [1, 1]
(0..10).each {|i| fib << fib[i] + fib[i+1]}
p fib # => [1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233]
p (0..10).inject([1, 1]) {|fib, i| fib << fib[i] + fib[i+1] }

data = [:A, :B, :A, :C, :E, :A, :D, :B, :B, :C, :E]

h = Hash.new(0)
data.each {|key| h[key] += 1 }
p h # => {:A=>3, :B=>3, :C=>2, :E=>2, :D=>1}

data = [:A, :B, :A, :C, :E, :A, :D, :B, :B, :C, :E]
p data.inject(Hash.new(0)) {|h, key| h[key] += 1; h }