WordPress
Jekyll
Hugo
gatsby

ブログはWordpressは辞めて、全て静的サイトジェネレーターに移行したい

概要

簡単にブログを作ることができる静的サイトジェネレーターが沢山あるのに、使いづらいWordPressを使った案件が多いのと、
静的サイトジェネレーターの魅力を紹介している記事が少ないかな?と思ったので、今回記事を書いてみました。

なぜWordPressを辞めたいのか

定期アップデートが面倒・やりにくい

まず一番これが問題だと思っています。
WordPressはプラグインを追加すればするほど、本体のアップデート・更新が行いにくくなります。
何故なら、本体のバージョンを上げるだけで、入れているプラグインが動作しなくなることがあるからです。
アップデートを行うことができないと言うことは、DBと紐づいているシステムでは、セキュリティを上げることができないと言うことです。

プラグインにバグがある事がある

全てではありませんが、プラグインそのものにバグがあることがあります。
また、WordPressは元々簡単にブログが作れるツールで、Webサービスを作るために作られたものではないので、
無理にプラグインを入れたら、動作がおかしくなることがあります。

マイグレーション機能がない

マイグレーションとは、SQLを書くことなくテーブルを書き換えてくれる機能です。
これにより、ローカルとリモートのDBを合わせることができます。
WordPressにはマイグレーション機能がないので、ローカルとリモートのDBを合わせる場合は、全て手動で行わなければいけません。

本格的なWebサービスが作れない

これも上記のマイグレーション機能と関係があるのですが、本格的なWebサービスを作るのには向いていません。
例えば、「多言語対応」「ログイン・認証機能」等はプラグインを追加しないといけませんが、プラグインがバグる事があるので、オススメできません。

何故静的サイトジェネレーターをオススメするのか

セキュリティの心配をする事がほぼない

静的サイトジェネレーターは、WordPressと違いDBと紐づく事なく、記事の作成・更新が可能。
そもそもDB自体がないので、セキュリティの心配をすることはほぼありません。

動作が早い

WordPressは記事を表示するために、一度PHPがDBへアクセスをして、記事を動的に表示させるため、記事の表示が遅いです。
静的サイトジェネレーターはDBと紐づいていないので、記事の表示がとても早いです。

種類が多い

これは沢山ツールがあるので迷ってしまうと言うこともあるのですが、静的サイトジェネレーターは種類が多いので、目的の用途にあったものを使う事ができます。
例えば、GithubPagesで自動的にbuildしてくれる Jekyll
多言語対応が簡単にできて、buildも早い Hugo
SPAで爆速な画面遷移ができる Gatsby
種類は、ここで色々と見る事ができます(GithubのStar付き)https://www.staticgen.com/

サーバー構築が簡単

大体の静的サイトジェネレーターが、無料でGithub PagesもしくはNetlifyでサーバーを構築できます。
また、DBと紐づいていないので、buildしたものをアップロードするだけで、簡単にブログを更新する事ができます。

まとめ

まとめますと、WordPressは
本格的なWebサービスが作れず、かつ今なら容易にブログを構築できる静的サイトジェネレーターが豊富にある為、
そろそろWordPressの案件は辞めたいな〜と思っています。