量子コンピュータ

量子コンピュータ(シミュレータ)を試す

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

量子コンピュータ(シミュレータ)を一般に気楽に利用できるようになり,
手軽に試すことのできる時代が遂にやってまいりました。

IBM Qの利用開始まで,1量子ビット同士の加算は,下記にわかりやすく記事にされています。
http://qiita.com/kjtnk/items/8385052a50e3154d1022

上記ふまえた上で,自分でも少し触ってみました。

1量子ビット同士以上の加算

今回は,量子ビットq[0],q[1],q[2]の加算を試してみました。
結果が8通りですので,shotsを上限8192に設定すれば,0.125に近づくはずです。

使用したゲート : アダマール演算ゲート,トフォリゲート,制御NOTゲート
q[0],q[1],q[2]:アダマール演算により,0・1の重ね合わせ状態
q[3]:q[0],q[1],q[2]の直和
q[4]: 桁上がりの計算

111.png

もつれ状態の生成

5量子ビットのもつれ状態(GHZ状態)の生成をしたいと思います。
(The number of shots:8192)

使用したゲート : アダマール演算ゲート,制御NOTゲート
スクリーンショット 2017-07-09 3.07.07.png

最後に

シミュレータで計算させて結果を気楽に見ることができるので,非常に勉強になります。
興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。
ショアのアルゴリズムやグローバーのアルゴリズムも,シミュレータで試すことができると思われます。