Edited at

Windows(WSL)でAnsibleを実行する

More than 1 year has passed since last update.


概要

 普段Windowsユーザですが、Windows上でAnsibleが実行できないため、Dockerコンテナ内からAnsibleを実行していました。そのため、社内にAnsibleを布教したいのに前段としてDockerの話をしなければならなくなり、Ansibleが使えるまでの足取りが重くなる。(VMのLinuxから実行も同様)

 この悩みを解決してくれるのが「Windows Subsystem for Linux(WSL)」です!

もうすでにご存知の方も多いかと思いますが、Windows上でVMやDockerなどをインストールせずに補助的な利用として一部のLinuxが簡単に使えるようになったもの


導入条件


  • Windows 10(64bit)


  • Fall Creators Updateが適用されていること(正式版を利用するならば)

    それ以前のバージョンはベータ版になります


導入手順


  1. 「プログラムと機能」-「Windowsの機能の有効化または無効化」-「Windows Subsystem for Linux」を選択し、再起動します

    windows_functions.png


  2. 「Microsoft Store」の検索で「linux」と検索すると「Ubuntu」、「openSUSE」が選べるようになる

    linux.png


  3. 対象のOSを選択し、「インストール」をすれば完了!

    suse.png



インストール時のエラー対処

「Windowsイベントビューア」-「アプリケーションとサービスログ」-「Microsoft」-「Windows」-「Store」でエラー内容を確認する

私は「Windows プッシュ通知システムサービス」を無効にしていた関係でインストールできませんでしたが、有効にしたら問題なくインストールできました


Ansibleのインストール

選択したOS内でAnsibleをインストールします

Ubuntuの場合はubuntu16.04にansibleをインストールする

を参照ください


Windowsのファイルの参照方法

Linux内の/mnt/xxxxにWindowsの各ドライブがマウントされている

以上!

だいぶ簡単に実行環境ができたのではないでしょうか?これで布教活動しても、実行環境構築の心理的ハードルが下がったのではないかと思います