Posted at

イントラ内で気軽にプライベートなコンテナレジストリをたてるならNASでしょ


概要

開発用にプライベートなコンテナレジストリを立てるならどうしますか?

真っ先に思いつくのがイニシャルコストが低いクラウドサービス(AWS、Docker Hub、GCP、Azure)になると思いますが、長期的なランニングコストや扱うデータ量(特に通信量)によっては、バカにならないコストになるかと思います。また、インターネット越しにイメージを取得したりするとレーテンシも気になってきます

そうするとイントラ内でサーバを立てる案になりますが、ラックサーバになるとそこそこな値段します

そこで案外穴場なのがNASでプライベートなコンテナレジストリを運用する


なぜNASなのか

 最近のNASはアドオンベースでVM、Docker、クラウドストレージとの同期、開発環境(Node.js、Java)、Webサーバ(Apache、Nginx)、動画配信などが設定メニューでポチッとするだけで簡単に導入できる。普通にサーバ買うよりもコストパフォーマンスが高く、中小企業や部門内であればいろんなことができちゃうので、オススメです!

 大容量のストレージがのるので、Gitlabとコンテナレジストリを同居させるのもいいですね。商品によってはSSDサポートしているものもあるので、イメージのビルドもサクサクできるのではないかと思います。また、開発用のレジストリならばRAID0とかでいいかと思います。壊れたらまた作ればいいですし。その場合は、Gitlabのソースだけはクラウドストレージと同期した方が安心ですね


どうやって

もう答えお分かりかと思いますが、Dockerが使えるので、Dockerレジストリを立てればおしまいです!


NASのメリット


  • アドオンが豊富



  • LANだから高速


    • 2ポートLANでネットワークの冗長化も可能

    • 製品によっては10GbE対応もある



  • 比較的に安い

  • 普通にファイルサーバとしても使える

  • 利用量を気にする必要はない


製品紹介

とりあえず自社で購入にあたって調べた商品を紹介します

一応有名どころ2社でビジネス向けで4ドライブ対応のラインナップになります