LoginSignup
94

More than 5 years have passed since last update.

Scoped CSS

Last updated at Posted at 2015-02-22

JavaScriptの激変は、CSSコーダー(?)にとっても対岸の火事ではありません。むしろ、変態的な職人的な方法論を捨て去らなきゃならないのは、CSSも同じ。

それはともかく、Scoped CSSについて整理しつつメモしてみます。※2015年初頭の状況として

なにこれ?

Scoped CSSはDOMの中に<style scoped>タグを配置すると、そのDOMの内側にだけに限定されるCSSが書けるというものです。アイデア自体はしばらく前から存在するものの、Firefoxにのみ実装され、Chromeについては実装が止まっています。経緯を追うと、Web ComponentsのShadow DOMのCSSがscoped相当になるため「重複機能」と判断され、ペンディングになっている気配です。(ChromeとしてはWeb Componentsの仕様固めが優先)

なにが嬉しいのか

  • コンポーネントのCSS記述が簡潔になる
  • CSSをコンポーネント内に書くことの効率性
  • OOCSSBEMとさようなら〜

それだからこそ、Web Componentsに取り込まれているわけですが、対応できればAngularやReactでもCSSを書くのが楽になります。Web Componentsにさっさと昇華するのか、Scoped CSSとして日の目を見るのかはさておき、考え方自体は今後のCSSで標準になるでしょう。真面目な話、CSSの方法論がどんがらがっしゃんする寸前の2015年です。

SMACSS使いなら、(CSSの)モジュールに分けていたはずですが、それぞれのコンポーネント内に記述を移し、basethemeだけメインのCSSに残せばOK。移行はそれほど難しくないはず。BEMな人なら「__」の前(ブロック)を書く必要がなくなるといえば通じるでしょうか?

Polyfills

ブラウザ対応が限られる一方、案外Polyfillは充実しています。

Polymerの場合

Shadow DOMのPolyfillの一部として、Scopedが使えるようになっています。

<polymer-element name="x-foo">
   <template>
     <style>
       div { ... }
       :host { ... }
     </style>
   ...

は、下記のように解釈されます。:hostがタグ名に置き換わります。

<polymer-element name="x-foo">
   <template>
     <style>
       x-foo div { ... }
       x-foo { ... }
     </style>
   ...

Riot.jsに提案中 (2015年2月現在)

ほぼ、Polymerと同じですが、Mozillaにしたがって:scopeを使っています。

<my-tag>

  <h3>{ opts.title }</h3>

  <style scoped>
    :scope { display: block; border: 2px }
    h3 { color: blue }
  </style>

</my-tag>

は、下記のように解釈されます。

<my-tag>

  <h3>{ opts.title }</h3>

  <style>
    my-tag { display: block; border: 2px }
    my-tag h3 { color: blue }
  </style>

</my-tag>

※追記 2015/2/25: プルリクエスト送りました。
※追記 2015/2/27: マージされました。

Riot 2.0
v2.0.12 - With scoped CSS support...

結語

オブジェクト指向CSSとか、CSSに無茶な要求が多い昨今、問題の多くはCSSがDOMから遠すぎるところにありました。その点、Scoped CSSを使うと、「DOMにスタイルをベタ書き」するのに近いことができます。コンポーネントとの組み合わせが最強ですね。

水平分業が進みすぎたWeb界隈に、垂直統合の嵐が吹き荒れてますが、CSSから考えるときはScoped CSSがその最初の一手になりそうです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
94