Expo XDEでAndroid Studio不要でAndroidシミュレータを動かす[Mac]

やってみたこと

create-react-native-app触ってみた!!を見て、ReactNativeで作成したアプリをExpoを使ってiOSとAndroid両方で動かしてみたくなった。Androidは実機が手元になく、(Expo公式推奨のAndroidエミュレータである)Genymotionで動かすためには、Android Studioのインストールが要求されがちだったので回避した。あと、Android Studioが有っても無くても若干設定が必要なのでついでに記載する。

主な対象

  • Expoを使ってReactNativeアプリをAndroidのシミュレータ上で動かしたいがAndroid Studioをインストールまではしたくない人

前提

  • create-react-native-appなどでExpoが使える
  • Expo XDEがインストールされている

方法

やり方は公式を参考にした。

Step 1

Android Studioが無い人(Genymotion toolsを使用)

  1. Genymotionのadbコマンドのパスを探す。macOSの場合は基本的に/Applications/Genymotion.app/Contents/MacOS/tools/である。

  2. PATHにパスを追加し、adbコマンドが実行できるかどうかを確認する

$ export PATH=$PATH:/Applications/Genymotion.app/Contents/MacOS/tools/
$ adb device

Android Studioが有る人

  1. GenymotionのSettings->ADBを選び、"Use custom Android SDK tools"にチェックマークを入れてAndroid SDKのパスを入力する。

Screen Shot 2017-07-07 at 6.34.05.png

Step 2

  • XDEにパスを反映させる
$ npm install -g exp
$ exp path

完成

  • Nexus 5X(Android 7.0)でシミュレーションはうまく動作せず、Nexus 5(Android 6.0)では動作した。うまく動作しない端末が存在する。
  • ソースコードを変更して保存しただけでiOSとAndroidの両方に反映されていく感覚が体感できて、なんかすごい

Screen Shot 2017-07-07 at 5.20.13.png

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.