Git

gitメモ

gitメモ

ディレクトリ初期化(リポリトリ自体を新規で作成する場合)

git init

取得

git clone ssh://{ユーザ名}@{ホスト名}:{ポート番号}/path/to/remote/repogitory my_repogitory

ローカルブランチ確認

git branch

追跡中のリモートブランチ確認

git branch -r

全ブランチ確認

git branch -a

ブランチのリファレンスを確認

git branch -vv

更新取得

git fetch --all

ブランチの選択

git checkout -b local_branch_name target_branch_name

あるブランチから新しいブランチを作る

git branch new_branch_name origin/new_branch_name

※masterをベースにしたければgit checkout masterしてから実行する

プッシュ(リモート送信)テスト(-n)

git push -n origin new_branch_name

ローカルで作成したリポジトリをリモートにプッシュ(リモート送信)する

git push origin new_branch_name

プッシュするローカルターゲットを常に現在選択中のブランチにする

git config --global push.default "current"
git config --global user.name "ユーザ名"
git config --global user.email メールアドレス

ローカルリポジトリとリモートが紐付いていない時

git branch --set-upstream-to=origin/repo_name repo_name



git branch --set-upstream repo_name origin/repo_name

現在のブランチの更新一時退避一覧

git stash list

現在のブランチの内容を一時保存(一つずつ)

git stash save

※saveは省略可

現在のブランチにStashした内容を持ってくる(一つずつ)

git stash pop

現在のブランチにStashした内容を持ってくる(id指定)

git stash pop stash@{0}

指定したStashを削除

git stash drop stash@{0}

コミット対象追加

git add some_file1 some_file2

コミット対象追加(対話モードで選択)

git add -p some_file1 some_file2

コミット

git commit

更新内容を元に戻す

git checkout HEAD some_file

コミット状態を取り消し

git reset --soft HEAD

コミットとaddを取り消し

git reset HEAD

コミット後、そのコミット状態を取りやめる

git reset --hard HEAD

ログを確認

git log

ログを確認(ファイル毎差分表示)

git log  -p

ログを確認(更新ファイル表示)

git log --stat

ログを確認(直近3件)

git log  -3

※数字のぶんだけさかのぼって表示

コンフリクト時、現在のファイルをそのまま採用する

git checkout --ours file_name

コンフリクト時、マージしてきたファイルをそのまま採用する

git checkout --theirs file_name