Help us understand the problem. What is going on with this article?

Storyboard で UITableView の didSelectRowAtIndex が呼ばれた時、どうやって prepareForSegue から destinationViewController にパラメータを伝えるのか?

More than 3 years have passed since last update.

問題点の整理

Storyboard で UITableView を使う時、Interface Builder から Prototype Cell を配置し、その種のセルから Segue で次の ViewController につないであげると、実行時にそのセルをタップすると、次のViewController に遷移します。

Screen-Shot-2016-01-15-at-2.06.13-PM.png

せっかく TableView からセルを選んだのですから、多くの場合は 次の ViewController で選んだセルに相当する情報を、次の ViewController に伝えたい筈です。問題はそれをどのように実現するかです。

セルをタップすると、UITableView の delegate の tableView:didSelectRowAtIndexPath: が呼ばれます。が、この時点では 次の ViewController の尻尾は掴めないので、パラメータを伝える事は出来ません。

func tableView(tableView: UITableView, didSelectRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) {
    // where is the next view controller!? how can I get it?
}

prepareForSegue:sender: が呼ばれた時は、「それってどのセル」でしたっけ?となります。

override func prepareForSegue(segue: UIStoryboardSegue, sender: AnyObject?) {
    // which cell was that!?
}

Stack Overflow

Use didSelectRowAtIndexPath or prepareForSegue method for UITableView?
http://stackoverflow.com/questions/8130600/use-didselectrowatindexpath-or-prepareforsegue-method-for-uitableview

Stack Overflow にもいくつか方法が挙げられています。セルの tag に rowIndex を仕込んだり苦労されているみたいです。

UITableView の indexPathForCell を使えば…

しかし、prepareForSegue の sender はタップした cell が送られてくるのであれば、self.tableView.indexPathForCell(sender as! UITableViewCell) を使って indexPath がわかります。そこで indexPath に相当するパラメータを次の ViewController へパラメータとして渡してあげれば目的達成です。

override func prepareForSegue(segue: UIStoryboardSegue, sender: AnyObject?) {
    if let cell = sender as? UITableViewCell {
        let indexPath = self.tableView.indexPathForCell(cell)!
        assert(segue.destinationViewController.isKindOfClass(DetailViewController))
        let detailViewController = segue.destinationViewController as! DetailViewController
        detailViewController.item = self.items[indexPath.row]
    }
}
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away