Help us understand the problem. What is going on with this article?

echo 初心者でも簡単!! echo で扱うアセットファイル群を簡単にバイナリにまとめて使ってみる

More than 3 years have passed since last update.

最近 Go の web framework である github.com/labstack/echo を使ってアプリケーションを作ることが多くなってきました。昨日 echo で静的ファイルをバイナリに突っ込みたいなと考えた時、gin なら github.com/gin-contrib/static があるのですが、 echo は自前で書かないとありませんでした。そこで、「パクればええやん」と思いついて出来上がったのがこちらになります。

Static middleware for echo web framework(golang)

https://github.com/Code-Hex/echo-static

早速使ってみましょう。

使ってみる

mkdir echo && cd echo

を実行した後、このようなディレクトリ構造を用意します。

.
├── assets
│   ├── gopher.png
│   └── index.html
└── main.go

index.html はこんな感じです。

index.html
<!doctype html>

<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Echo!!</title>
</head>
<body>
<p>Hello, World gophers!!</p>
<img src="/static/gopher.png">
</body>

gopher.png です。
gopher.png
か、かわいい!!!!!

ここで 次のような main.go を作成しましょう。

main.go
package main

import (
    static "github.com/Code-Hex/echo-static"

    assetfs "github.com/elazarl/go-bindata-assetfs"
    "github.com/labstack/echo"
)

func main() {
    e := echo.New()

    e.Use(static.ServeRoot("/static", NewAssets("assets")))
    e.GET("/ping", func(c echo.Context) error {
        return c.String(200, "test")
    })
    // Listen and Server in 0.0.0.0:8080
    e.Start(":8080")
}

func NewAssets(root string) *assetfs.AssetFS {
    return &assetfs.AssetFS{
        Asset:     Asset,
        AssetDir:  AssetDir,
        AssetInfo: AssetInfo,
        Prefix:    root,
    }
}

そして go-bindata を次のように実行してみましょう。

go-bindata -o bindata.go assets/...

こうすると、ディレクトリ構成は次のようになるはずです。

.
├── assets
│   ├── gopher.png
│   └── index.html
├── bindata.go
└── main.go

それでは go build を実行してバイナリを作りましょう。すると echo という名前のバイナリが出来上がるはずです。

実行

./echo

ブラウザで 127.0.0.1:8080 にアクセスしてみましょう。
{"message":"Not Found"} のようなメッセージが表示されるはずです。

しかし、main.go のファイルをもう一度見てみましょう。

e.Use(static.ServeRoot("/static", NewAssets("assets")))

とありますね!
ということは 127.0.0.1:8080/static へブラウザでアクセスしてみましょう!
可愛いページが表示されますね!!

これは 127.0.0.1:8080/static にアクセスした時、 assets ディレクトリ上に置かれているファイルへアクセス可能にするという意味のコードです。
つまり、index.html へアクセスしたい場合は 127.0.0.1:8080/static もしくは 127.0.0.1:8080/static/index.html、gopher.png にアクセスしたい場合は 127.0.0.1:8080/static/gopher.png へアクセスすればいいのです!

まとめ

echo でもめっちゃ簡単にアセットをバイナリにまとめて、ブラウザなどからアクセスすることができる。

codehex
IQは4億、偏差値は3億、合計7億のアカウントです。
http://codehex.hateblo.jp/
mercari
フリマアプリ「メルカリ」を、グローバルで開発しています。
https://tech.mercari.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした