Eclipse使うなら最低限知っておきたいこと

  • 37
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

先生や先輩に言われてなんとなくEclipseをDLして使っているけど、特に何の設定もしていないという人向け。

補完設定

Eclipseはデフォルトだとほとんど補完が出ないので、これだけは必須。

このへんを見るのが良いと思います
Eclipseの補完設定をカスタマイズして爆速コーディング

文字を打つたび補完が出るようになります。
デフォルトで「sysout」ってうつとsystem.println.out...が出るのがお気に入りです。

  1. Eclipseのメニューから「ウィンドウ」→「設定」→「Java」→「エディター」→「コンテンツ・アシスト」を開く
  2. Javaの自動有効化トリガ(auto activition dtriggers for java)が、デフォルトでは[.]のみなので、[.abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ_]に変更
  3. 自動有効化遅延(auto activition delay(ms))を20くらいにする。

ショートカット

macだったらCtrlはcommandに読みかえてください。

フォーマット Ctrl + Shift + F

勝手にインデントやらスペースを揃えてくれます

インポート編成 Ctrl+Shift+O

不要なインポート文を削除し、必要なインポート文を加えてくれる

定義元にもどる Ctrl+変数名/クラス名クリック

インタフェースから実装クラスを探す。定義場所に戻る。

おまけ

これを見て、そのまま設定だけ行うのではなくて、「こんな便利なものがあるなら、もっと便利な機能があるかも?」と調べられると良いですね( o・ω・)ノ

ちなみに私は、Eclipseより高性能な「IntelliJ」っていう開発環境のほうが好きです。(学生さんは無料で使えます。追記(3/7):学生じゃなくても無料で使えるらしいです(IntelliJ IDEAクイックスタート – 基本とインストール))