Help us understand the problem. What is going on with this article?

SREとは何か

概要

近年、ソフトウェアエンジニアのポジション(職種)としてSREというものが増えている。本記事ではSREがどのような概念で、どういった仕事内容になるかを検証してみる。

SREとは

SREはSite Reliability Engineeringの略語である。日本語に直訳すると、サイト信頼性工学になる。米Google社が2003年に作った概念で、スケールする巨大なITシステム(サイト)を運用していくための考え方である。

SREのミッション

会社によって異なるが、基本的には「ITシステム(サイト)の信頼性を担保するための性能、可用性、拡張性、セキュリティなどを向上させる」ということがミッションになる。

SREの仕事内容

会社によって異なるが、下記が挙げられる。
- インフラ(サーバー、ネットワーク)設計・構築
- 監視・アラート設計
- 障害対応
- スケールアウト(アップ)対応
- セキュリティ対策用緊急パッチ適用
- 運用の自動化
- その他自動化(開発環境、プロビジョニング、etc)
- SLI/SLOの管理
- ポストモーテムの運用
など

まとめ

簡単にまとめるとSREの仕事内容は、伝統的なインフラエンジニア(サーバーおよびネットワーク)が担当していた役割を踏襲しつつ、運用・保守担当が手作業で行ってきた領域を自動化し、アプリケーションエンジニアが担当してきた領域も一部担当する、という感じになると思われる。

参考資料

https://github.com/devopsenterprise/2018-London/blob/master/Tuesday/Breakout%20Sessions/Throne%2C%20Stephen%2C%20Getting%20Started%20with%20Site%20Reliability%20Engineering.pdf
http://landing.google.com/sre/book/index.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/column/14/346926/030600869/
https://furien.jp/columns/327/
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/column/14/346926/030600869/
https://tech.mercari.com/entry/2015/11/18/153421
https://tech.s-cubism.jp/blog/archives/3891

infra-workshop
インフラ技術を勉強したい人たちのためのオンライン勉強会です
https://wp.infra-workshop.tech/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした