Python
RaspberryPi
カメラ

gphoto2を使ってラズパイからカメラ制御する(2) (設定考察編)

その1にて、一眼カメラで朝日タイムラプス自動設定の構想を書いた。

設定を時間に合わせて逐次変更する必要がある訳だが、実際どのくらいの設定の幅があるのか調べてみた。
カメラをやっている割に、EV値という単語をこの調査で知ったわけだが、↓のサイトがとてもわかり易く、早見表が大変参考になった。
http://photo.nyanta.jp/EV.html

最適なAV値(F値:絞り)、TV値(SS:シャッタースピード)、ISO値(感度)を、その状況でのEV値(明るさ)に合わせる必要がある。
EV値 = AV値 + TV値 + ISO値 という感じらしい。(換算表などはリンク参照のこと)

上記サイトでは、おおよそ薄明かりがEV値が0、晴天がEV値15という幅となっている。
随分な幅だ。
というわけで、ちょっとEV0→15までの設定を仮に入れてみた。

EV値 AV値(F) TV値(SS) ISO
0 5 (5.6) -2 ("4) -3 (800)
1 5 (5.6) -1 ("2) -3 (800)
2 5 (5.6) 0 ("1) -3 (800)
3 5 (5.6) 1 (2) -3 (800)
4 5 (5.6) 2 (4) -3 (800)
5 5 (5.6) 3 (8) -3 (800)
6 5 (5.6) 4 (15) -3 (800)
7 5 (5.6) 4 (15) -2 (400)
8 5 (5.6) 4 (15) -1 (200)
9 5 (5.6) 4 (15) 0 (100)
10 5 (5.6) 5 (30) 0 (100)
11 5 (5.6) 6 (60) 0 (100)
12 5 (5.6) 7 (125) 0 (100)
13 5 (5.6) 8 (250) 0 (100)
14 5 (5.6) 9 (500) 0 (100)
15 5 (5.6) 10 (1000) 0 (100)

全然熟考したものではないけれど、とりあえず

  • 最初はシャッタースピードを早くすることを優先。
  • 絞りはピントに影響する可能性があるので動かさない
  • シャッタースピードが1/10を超えてまぁまぁ早くなった段階でISOを戻す。

という感じで上記表となった。

そして、書いている最中で思い出したが、
これはあくまでそのEV値の時の推奨な設定ということなので、
これだと 暗いところも明るくしてしまう じゃないか。
オートモードでの勝手に行われる設定をわざわざやる必要はない。
やりたいのは、 暗いときには暗く、明るいときには明るく撮る ことだ。

明るくなった状態で白飛びすると目立つので、明るいときの設定は適切にし、
暗いときに暗くなるように設定を調整すればいいのか。

というわけで以下に書き直し。

環境EV値 AV値(F) TV値(SS) ISO値 設定EV値
0 5 (5.6) 4 (15) -1 (200) 8
1 5 (5.6) 4 (15) -1 (200) 8
2 5 (5.6) 4 (15) 0 (100) 9
3 5 (5.6) 4 (15) 0 (100) 9
4 5 (5.6) 5 (30) 0 (100) 10
5 5 (5.6) 5 (30) 0 (100) 10
6 5 (5.6) 6 (60) 0 (100) 11
7 5 (5.6) 6 (60) 0 (100) 11
8 5 (5.6) 7 (125) 0 (100) 12
9 5 (5.6) 7 (125) 0 (100) 12
10 5 (5.6) 8 (250) 0 (100) 13
11 5 (5.6) 8 (250) 0 (100) 13
12 5 (5.6) 9 (500) 0 (100) 14
13 5 (5.6) 9 (500) 0 (100) 14
14 5 (5.6) 10 (1000) 0 (100) 15
15 5 (5.6) 10 (1000) 0 (100) 15

周囲の実際のEV値は環境EV値、設定上での相当EV値を設定EV値と仮称する。
最初の時点では、環境EV値が0なのに、設定EV値は8を選んでいる。
(環境EV値が8だったら適切な明るさで撮れる設定を使用しているということ)

つまり最初は8段分暗く撮られることになる。
・・・8段って暗すぎのような気が・・・

まぁ実際に検証しながら微調整していくということで。とりあえず机上での構想まで。