ga
Management

Google Analytics検討

More than 1 year has passed since last update.

定義

GAとはデータを収集したり、設定したり、分析したりするツールです。

WHY?

どうしてGAを使うことにしますか。

  • ユーザの使う習慣を見たい
  • ページを訪問してした人数を知りたい
  • ページのロードタイムを見たい

→ 収集したデータから総計したり、提案したりすることができるようにします。したがって、サービスの品質を上げます。

GAの構築(Concept)

ga

https://developers.google.com/analytics/devguides/platform/

基本的は4つに分けます。「収集」、「設定」、「処理」、「レポート」

データの収集

一番大事なステップです。

このステップで、全て監視したい情報をデータ化してGAに送ることです。
端末によってSDKを使ってデータを収集することは一番簡単でオススメです。

 どんなものを監視できますか。

  • ユーザーがサイトに滞在した合計時間
  • 各ページでのユーザーの滞在時間および訪問したページの順番
  • クリックされた内部リンク(次のページビューの URL に基づく)
  • ユーザーの地域
  • 使用されているブラウザとオペレーティング システム
  • 参照元サイト
  • など

Analytics.js

Trackerオブジェックトを作成

ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto');

Trackerオブジェックト作成際に、トラッカーID(UA-XXXXX-Y)やコッキードメイン(autoにはオススメです)指定することが必須です。

他のオプシオン:
+ name: トラッカー名。設定させない場合:t0にします。
+ fields: https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/field-reference

データをGAまで送信する

データを送信するときにHit(ヒット)と呼ばれています。ヒットごとに対してタイプが必要となります。

ヒットタイプ:
+ pageView: doc
+ screenView: doc
+ event: doc
+ transaction:
+ item:
+ social: doc
+ exception: doc
+ timing: doc

構文:

ga('[trackerName.]send', [hitType], [...fields], [fieldsObject]);

タイプによる必要なパラメーターも変わります。

GAのプラグインは何?

GAにデータ送信際に、プラグインを使うこともできます。プラグインは、analytics.js の機能を強化して、ユーザーの接点の測定をサポートするスクリプトです。
プラグインは通常、e コマースクロスドメイン トラッキングなど、すべての Google アナリティクス ユーザーが必要とするとは限らない一連の機能を対象としています。そのため、デフォルトでは analytics.js にプラグインは含まれていません。