Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pycharmメモ

More than 1 year has passed since last update.

自分が忘れたときのために、日本語でメモを残します。

環境

・Win10(64bits)
・Python3系

PycharmのWin10へのインストール

インストールファイルをダウンロードして実行するだけ。有料のProfessional Editionと無償のCommunity Editionがある。

機能

call graph

PycharmのProfessional版(有料版)だと、プロファイル機能というものが使えて、例えば、こんなグラフが書けたりするんですね。
callgraph.JPG

大学のころ、C言語をエディタでぽちぽち入力してたくらいしかプログラミング経験がなくて、IDE使うのはPythonがはじめてなので、こういうのに驚きます。活用できるほどのスキルがないんですけど。

Jupyter notebookの編集

Ipython HTMLノート(Jupyter notebook)も編集できます。使っていると動作が重たくなる印象ですが、便利に使えています。

ただ、Shift+Enterの初回実行時には、一旦表示されたOutの内容が見えなくなり、また、出力のナンバリングも見えなくなる不具合がある。もう一度、Shift+Enterすると、問題がないが、少し面倒。

TODO管理機能

コメントに、TODOと書いたところをピックアップして表示してくれる機能があります。
ここ http://d.hatena.ne.jp/yuheiomori0718/20130203/1359893004
の方が詳しく説明されています。

フィルタリング機能だとか、いろいろあって便利そうです。

Quick Definition 関数の定義の表示

Ctrl+Shift+i で、その関数が定義されているソースを表示可能。表示ウィンドウから、Editを選択すると、編集を開始できる。

便利なショートカット

-[Ctrl]+[Alt]+[l] : コード最適化
-[Ctrl]+[Alt]+[o] : インポート最適化

設定

GUI上での、パッケージインストール・アンインストール・アップデート

File->Settings->Project->Project Interpreterを選択すると、インタプリタと同時に、パッケージ一覧も表示される。
この画面で、+でパッケージの追加、-でパッケージの削除、↑でパッケージのアップデートが可能。
※裏で動作しているのは、pipなんですかね?condaなんですかね?

Word wrap(soft wraps)

1行の桁数を超える単語を次の行に送り、見やすくする機能。
File -> Settings -> Editor -> "Virtual Space" group -> Use soft wraps in consoleするか、Use Soft Wrapsボタンをクリックする。

トラブル

ファイルが黄色表示され、編集しようとすると、these files do not belong to the projectと表示される。

背景

ローカルのフォルダから、ファイルをOneDriveのフォルダ配下に移動させたときに発生したかも。
検索すると、英語で、http://stackoverflow.com/questions/23042034/pycharm-opens-old-versions-or-files-in-duplicate-tabs-while-debugging
などが見つかるが、読んでもよくわからず。

対処

.ideaフォルダを削除にて復活。正しい方法ではない気がするが、とりあえず。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした