OSX

El Capitan移行メモ

More than 1 year has passed since last update.

OSXアップグレード
記事

(Yosemiteまでは不具合等なし)

El Capitan移行メモ
http://qiita.com/cielavenir/items/ff4f3712c7790227d030

Sierra移行メモ
http://qiita.com/cielavenir/items/1c6b04af81748a92943e

Perlは5.18、Rubyは2.0.0で10.10と同じであり、cpan/gemのインストール先が/usr/local/binだったので、binを移動させればライブラリの再インストールは必要ないと判断。


  • Ruby gem

for file in `grep -F "/ruby" /Library/SystemMigration/History/Migration-*/QuarantineRoot/usr/bin/*|cut -f1 -d:`;do sudo mv $file /usr/local/bin/;done

for
file in `grep -F "/env ruby" /Library/SystemMigration/History/Migration-*/QuarantineRoot/usr/bin/*|cut -f1 -d:`;do sudo mv $file /usr/local/bin/;done


  • Perl cpan

for file in `grep -F "/perl" /Library/SystemMigration/History/Migration-*/QuarantineRoot/usr/bin/*|cut -f1 -d:`;do sudo mv $file /usr/local/bin/;done

for
file in `grep -F "/env perl" /Library/SystemMigration/History/Migration-*/QuarantineRoot/usr/bin/*|cut -f1 -d:`;do sudo mv $file /usr/local/bin/;done



  • Java (Apple)


    • Java for OSX 2015-001をインストールすれば良い。なお、Javaプラグインを有効化するハックは以前に実行済みであれば再度実行する必要はない。

    • (編注:上において、JavaAppletPlugin.pluginを維持したままJavaPlugin2_NPAPI.pluginをsymlinkして差し支えない)

    • ただし、El Capitanで終わりらしい。Adobeが使えなくなるのは辛いところが。




  • llvm-gcc-4.2


    • Command Line Toolsを再度インストールすれば、/Library/SystemMigration/History/Migration-*/QuarantineRoot/usr/llvm-gcc-4.2/bin/llvm-gcc-4.2は効く。llvm-gcc-4.2ディレクトリ自体はどこに移動しても良いっぽい。




  • Mono



    • 公式から4.0.4.4(以降)をダウンロードする。




  • GNU R




  • Tuxera NTFS 2014


    • 東芝CANVIO HDDについてきたバージョンなので最新版にアップデート出来ない。これだけは一時的にリカバリーモードでcsrutil disableしてインストールし直すしか方法がない( インストールした後はcsrutil enableして良い )。


    • http://support.toshiba.com/support/viewContentDetail?contentId=4008404 から少し新しいバージョンがダウンロードできるようです。これならシステムファイル書き換えは不要。


      • (Plugins/TuxeraSerialInstallerPlugin.bundle/Contents/MacOS/TuxeraSerialInstallerPluginを古いものに)






  • CrossOver


    • 12.5.1で問題なく動作する。ただし10.12まで耐えられるかは不明。10.12でも大丈夫




  • XtraFinder


    • SIPの仕様により不可(TotalFinderも同)


    • csrutil enable --without debugで使える。ファイルシステムやNVRAMについてはプロテクトを維持できる。




  • ssh


    • 公式がECDSA/ED25519に対応したのでMacPorts版は不要になった(というか/System/Library/LaunchAgents/org.openbsd.ssh-agent.plistを書き換えることが最早できない)。




  • XQuartz


    • 大丈夫でした




追伸


  • csrutil enableした後も/System/Library/Filesystems/fusefs_txantfs.fsの書き込みはできるっぽい。しかも一回消してsudo cp -aし直すと所有者がrootではなく自分になる(後でchownできますが)。ACL関係なのか、なかなか賢いです。