Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rubyのstack level too deep回避をファイル内で完結させる

More than 3 years have passed since last update.

競技プログラミングでは、深すぎる再帰がしばしば問題になる。
キューや(データ構造の)スタックを使ってコーディングすれば防げるが、やはり再帰は便利である。

AtCoder Regular Contest 045 C エックスオア多橋君を例に取る。

再帰が深すぎる場合、Pythonでは、sys.setrecursionlimit()により再帰の深さを変更できる。
cf: http://arc045.contest.atcoder.jp/submissions/526958

Rubyには同様の機能として、RUBY_THREAD_VM_STACK_SIZE環境変数がある。しかし、この値自体をプログラム中から変更しても、挙動を変更することはできない。
オンラインジャッジには単一のファイルしか提出できないため、通常の方法ではスタック拡張は困難ということになる。

今回は、環境変数を設定しつつ自分を実行し直すことで、当該ファイル内で完結させることができた。
cf: http://arc045.contest.atcoder.jp/submissions/526902

if !ENV['RUBY_THREAD_VM_STACK_SIZE']
    #Rubyパスを取得するには、rbconfigかrubygemsを使う。AtCoderでは--disable-gemsされているので、require 'rubygems'は必須である。
    #require 'rbconfig';RUBY=File.join(RbConfig::CONFIG['bindir'],RbConfig::CONFIG['ruby_install_name'])
    require 'rubygems';RUBY=Gem.ruby
    exec({'RUBY_THREAD_VM_STACK_SIZE'=>'100000000'},RUBY,$0) #100MB
end

ただし、binディレクトリは移動可能(librubyはRPATHから拾える)なので、その場合には対応できないことは留意。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした