WindowsでRuby On Rails 4.2.0をインストールしてみた

  • 45
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

実施日:2015/01/02

環境

  • マシン環境
    • Windows7 32ビット
  • インストールソフトウェア環境
    • Ruby 2.1.5
    • Dev Kit 4.7.2
    • Ruby On Rails 4.2.0

Ruby 本体のインストール

  1. http://rubyinstaller.org/downloads/ から「Ruby Installers」にある「Ruby 2.1.5」をダウンロード。
    • 64ビット環境の方は「Ruby 2.1.5 (x64)」をダウンロード。
  2. Ruby Installerを実行。基本はそのまま「次へ」。
    • rubyへのパスを通すのが面倒な場合はインストール時のオプションで「Ruby の実行ファイルへ環境変数 PATHを設定する」にチェックを入れる。
  3. コマンドプロンプトでruby -vでバージョンが表示されればOK。

DEVELOPMENT KITのインストール

  1. http://rubyinstaller.org/downloads/ から「DEVELOPMENT KIT」にある「For use with Ruby 2.0 and 2.1 (32bits version only):」内の「DevKit-mingw64-32-4.7.2-20130224-1151-sfx.exe」をダウンロード。
    • 64ビット環境の方は「For use with Ruby 2.0 and 2.1 (x64 - 64bits only)」内の「DevKit-mingw64-64-4.7.2-20130224-1432-sfx.exe」をダウンロード。
  2. 解凍する。
  3. コマンドプロンプトを起動して解凍したフォルダに移動して以下を入力してインストール
    • ruby dk.rb init
    • ruby dk.rb install

Ruby On Railsのインストール

  1. コマンドプロンプトで以下を入力
    • gem install rails
      • メモ:インストールには少し時間がかかります。私のマシンは遅いのでインストールに25分かかりました。
    • rails -vと入力してRails 4.2.0と表示されればインストールは成功。

Ruby On Railsのインストール中に以下のエラーが発生した場合の対処方法

ERROR: Could not find a valid gem 'rails' (>= 0), here is why: Unable to download data from https://rubygems.org/ - SSL_connect returned=1 errno=0 state=SSLv3 read server certificate B: certificate verify failed (https://api.rubygems.org/latest_specs.4.8.gz)

  • 対策

    • SSL証明書の問題のため、自分で入手してアップデートをしてあげればよい。
  • 手順

    1. 以下から「AddTrustExternalCARoot-2048.pem」をダウンロード。
    2. 上記のpemファイルを「${RUBY_HOME]/ruby/2.1.0/rubygems/ssl_certs」にコピー
    3. Ruby On Railsのインストール手順を再実行

インストール後に最初に参考にしたサイト

参考URL