Edited at

【Xcode】iOS実機確認時における「This iPhone 6 is running iOS 11.4.1 (15G77), which may not...」の対処方法

More than 1 year has passed since last update.

Route_xcodeproj-3.png

Xcodeにおいて、実機接続後のビルド実行時に

This iPhone 6 is running iOS 11.4.1 (15G77), which may not be supported by this version of Xcode.

が発生する。

→ 実機iPhoneのOSに対応したデバイスサポートファイルが存在しない言われる。


環境


  • 実機 iPhone6 iOS 11.4.1(15G77)

  • macOS HighSierra 10.13.4

  • Xcode 9.3


原因


  • 自身の実機iPhoneのOSがXcode側でサポート外である場合

  • 以前使用可能であった実機iPhoneのOSをアップデートしたことにより、Xcode側でサポート外となった場合


対処

Xcode側に実機OSに対応したデバイスサポートファイルを配置し、サポート対象であること明示する。


1. 対応したデバイスサポートファイルの確認


1-1. 実機OSを確認する。


  1. 実機iPhoneのOSを確認する。

    設定 > 情報 > バージョン

    ⇒ 例)11.4.1(15G77)



  2. 自身のXcodeデバイスサポート内容を確認する。

    /Users/<USER_NAME>/Library/Developer/Xcode/iOS DeviceSupport/配下のディレクトリに、実機OSと同等ではないディレクトリ名が存在するかを確認する。

    ⇒ 例)ディレクトリ名 : 11.3.1 (15E302)

    iosDeviceSupport_15E302.png


    1-2. 実機OSに対応したデバイスサポートファイルを確認する。

    Ghibli / iOS-DeviceSupportより、実機OSに対応したデバイスサポートファイルを確認する。




2. デバイスサポートファイルのDL

先程のGithubリポジトリ iOS-DeviceSupport から対象のzipファイルをDLする。

→ 今回は、実機OSが11.4.1(15G77)なので、11.4(15F79).zipファイルをDLしました。

※ はじめに 11.4(15F5061c).zip をDLしましたが、上手く動作しなかったので()内のバージョンも意味があるみたいなので、実機OSに近しいものを選んだほうがいいかと思います。


3. デバイスサポートファイルの配置

DLしたzipファイル解凍後、

/Users/<USER_NAME>/Library/Developer/Xcode/iOS DeviceSupport/配下に解凍されたディレクトリを配置する。

※ もともと~/iOS DeviceSupport/配下にある既存ディレクトリの削除は不要です。

11_4_1__15G77__と_ダウンロード.png


4. 再ビルド

デバイスサポートファイル配置後、再度ビルドし直す。

※ うまく動作しない場合は、Xcodeを再起動することおすすめします。