Edited at

Xcodeでソースコントロールを行う


この記事は何?

Xcode Help ドキュメントより、Use Source Control を要約


環境


  • Xcode11 beta

  • macOS Mojave 10.14.6


手順

ファイルをバックアップし、他のユーザーと共同作業し、リリースにタグを付けるには、ソース管理を使用します。


Step1: ローカルリポジトリを使う

新しいプロジェクトまたは既存プロジェクト用のローカルソース管理リポジトリを作成できます。

後で、プロジェクトを共有したり、複数のMacコンピュータからプロジェクトにアクセスしたりするには、リモートリポジトリを作成できます。


Step2: リモートリポジトリを作成する

「アカウント」環境設定で、以下のリモートリポジトリアカウントを追加できます。

- Bitbucket

- GitHub

- GitLab

新しいリモートリポジトリを作成したい場合は...

ローカルのソースコードリポジトリからリモートを作成してください。

既にリモートリポジトリが存在する場合は...

リモートリポジトリからプロジェクトを複製するか、既存リモートをローカルリポジトリに追加します。


Step3: 変更のプル、コミット、プッシュ

プロジェクトに変更を加えたら、ソースエディタで変更を確認するか、ファイルのリビジョンを比較します。

次に、変更をソースコードリポジトリにコミットします。

リモートリポジトリの場合は、コミットする前にリモートリポジトリから変更をプルし、コミットした後にその変更をプッシュします。


Step4:リポジトリとコミットを表示する

ソース管理ナビゲータで、リポジトリ内のブランチを選択し、履歴エディタでコミットを表示します。

ここでは他にも以下のアクションが可能です。

- コミットをフィルタリング

- 比較エディタでファイルを表示

- コミットの作成者に電子メールを送信


Step5:ブランチを管理してタグを使用する

リポジトリにブランチを作成すると、自分の変更を分離して他の人に影響を与えないようにできます。

後から、リポジトリ内で分岐したブランチをマージします。

ブランチでコミットをタグ付けして、後で簡単にチェックアウトすることもできます。

特に、アプリを配布する前はコミットにタグを付けてください。

また、Tagsフォルダにグループを作成してリリースを整理することもできます。

参考: ソース管理を構成する


要するに


ソースをバーション管理するには...


  • まず、リポジトリを作る

  • 後からリモート化もできる


リポジトリに変更をコミットするときは...


  • コミットする前に、過去の変更をプル

  • コミットした後に、新しい変更をプッシュ


複数人でソース管理する場合は...


  • ブランチを作る

  • ブランチは、後でマージする

  • ブランチにタグをつけておくと、チェックアウトするときに目印になる


バージョン管理をはじめる方(自分)に

まずは、リモートではなくローカルで行うことから始めるといいでしょう。

GitHubやbitbucketなどのリモートは使わずに、Git単体で...

1. リポジトリ作成

2. 変更→コミット

3. ブランチ作成

4. チェックアウト→変更

5. マージ

を実践して、理解できたらリモートを作成してみる感じです。

XcodeはGUIでGitをサポートしているので、ターミナルから難しいコマンドを覚えたり入力する必要がありません。

意外とすんなりバージョン管理をはじめられる気がします。