Posted at

SwiftUIのチュートリアル日記3


この記事は何

前回からの続きです。


セクション:3 スタックを使って、ビューを結合する


手順1


手順2


手順3


手順4


手順5


手順6


手順7


手順8


手順9


セクション4: カスタムイメージビューをつくる


手順1


手順2


手順3


手順4


手順5


手順6


手順7


セクション5: UIKitとSwiftUIを同時に使用する


手順1


手順2


手順3


手順4


手順5


セクション6: 詳細ビューを構成する


手順1


手順2


手順3


手順4


手順5


手順6


手順7


手順8


理解度を確認する

ご丁寧に選択形式のクイズで、チュートリアルの理解度を確認できるようになっていました。

SwiftUIを開発者に使って欲しいというAppleの意気込みや気遣いが感じられます。