GoogleAppsScript
spreadsheet

【GoogleAppsScript】スプレッドシート操作(セルデータの取得偏)

More than 1 year has passed since last update.

Google Apps Script からスプレッドシートを操作する方法です。

スプレッドシートの中の特定のシートを取得する

var spreadsheet = SpreadsheetApp.openById('id');
var sheet = spreadsheet.getSheetByName('sheet_name');

SpreadsheetApp.openById('id')idは、スプレッドシートのURLhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/editxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxの部分になります。
openByUrl(url)を使用すること、urlを使用してスプレッドシートを取得することもできます。
参考:SpreadsheetApp

getSheetByName('sheet_name')sheet_nameは、取得したいシートの名前を指定します。
参考:Spreadsheet

シート内のすべてのセルのデータを取得する

var data = sheet.getDataRange().getValues();

sheetは「スプレッドシートの中の特定のシートを取得する」で取得したものです。
getDataRange()を使用することでデータが存在する範囲すべてにアクセスができ、その返り値のRangeオブジェクトに対してgetValues()を使用することで、二次元配列でシート内のデータを取得できます。

(データが存在する範囲の中で)最も左上のセルの値を取得する

var data = sheet.getDataRange().getValue();

getValues()の代わりに、getValue()を用いることで、最も左上のセルの値を取得できます。
参考:Spreadsheet, Range

指定した範囲のセルの値を取得する

var data = sheet.getRange("A1:B2").getValues();

getRangeでアクセスする範囲を指定することができます。
上記の方法で、A1からB2までの範囲のデータすべてを取得することができます。
また、こちらでもgetValue()を用いることで、A1からB2までの範囲のなかで最も左上のセルの値を取得できうます。
参考:Spreadsheet, Range