search
LoginSignup
8

More than 3 years have passed since last update.

docker コマンドチートシート

image関連

Docker Hubサイト

Docker Hubでimageの検索

$ docker search <IMAGE>

Docker Hubからimageの取得

$ docker pull <IMAGE>[:TAG]

TAGのデフォルトはlatest

保存済みimageの一覧

$ docker images

imageの削除

$ docker rmi <IMAGE>

コンテナ作成、起動、停止、削除

コンテナを作成、起動、接続

$ docker run -it <IMAGE> bash

<IMAGE>はpullしてきているものでも、pullしてきていないものでも可。

以下、オプション。

オプション 説明
--name <CONTAINER> コンテナ名の指定。
--volume <ホストの絶対パス>:<コンテナの絶対パス> ボリュームの指定。-vでも可。
--workdir <ワーキングディレクトリのパス> ワーキングディレクトリの指定(デフォルトは/)。-wでも可。
-p <ホストのPort>:<コンテナのPort> 公開するポートの指定。
-p <IP>:<ホストのPort>:<コンテナのPort> 公開するポートの指定。送信元のIPも制限できる。
--detach バックグラウンドで起動。-dでも可。
--expose <コンテナのPort> コンテナのポートを露出する。ホストには公開しない。
--net=<ネットワーク> ネットワークに参加させる

コンテナの起動

$ docker start <CONTAINER>

コンテナの停止

$ docker stop <CONTAINER>

コンテナの削除

$ docker rm <CONTAINER>

--force:実行中のコンテナを強制的に削除。-fでも可。

コンテナに接続

起動しているコンテナに接続 (rootユーザーでログイン)

$ docker exec -it <CONTAINER> bash

起動しているコンテナに接続 (ユーザーを指定してログイン)

$ docker exec --user <USER> -it <CONTAINER> bash

--user:ログインユーザーを指定。-uでも可。

コンテナからログアウト

$ exit

その他

コンテナ情報をみる

$ docker inspect <CONTAINER>

CONTAINERIMAGEにすることで、imageの情報を見ることもできる。

コンテナのログを取得する

$ docker logs <CONTAINER>

--tail=10:末尾から10行表示する
-f:出力を表示し続ける。

コンテナ名変更

$ docker rename <OLD_NAME> <NEW_NAME>

コンテナとホスト間でファイルやフォルダのコピー

# コンテナからホストへコピー
$ docker cp <CONTAINER>:<コンテナのパス> <保存するホストのパス>

# ホストからコンテナへコピー
$ docker cp <ホストのパス> <CONTAINER>:<保存するコンテナのパス>

ネットワークの作成

$ docker network create <ネットワーク名>

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
8