Help us understand the problem. What is going on with this article?

VScode上のPlatformIO IDEでArduino Nano互換機(ELEGOOのCH340/ATmega340P)を使う

はじめに

やりかたがわからず記事がまとまってなかったため残しておこうと思います。初心者なので間違いなどあれば教えていただけるとうれしいです。

結論

platformio.iniのboardをunoに設定する。

手順

Arduino IDEとVScode、ドライバをインストールする

  1. まずArduinoのサイトに行き、上のメニューバーからSOFTWARE->DOWNLOADSに移動し、Arduino IDEをダウンロード・インストールしてください。Windowsの方はWindows Appの方ではつかえないらしいのでzipをダウンロードしてください。
  2. VScodeを持ってない人はインストールしてください。
  3. ドライバはELEGOOのサイトからダウンロードでました。上のメニューのDOWNLOADに移動し、自分のデバイスを選択してダウンロードします。ELEGOOのドキュメントにはzipのものを使うと書いてありますが、Windowsではexeのものを開いてインストールすると使えました。

VScode上にPlatformIOのExtensionをインストールする

VScodeを開き、左のメニューバーの"Extensions"(下図参照)に移動してください。
Extensionsの場所
左上の検索窓に"platformio"と入力し、リストに表示されるPlatformIO IDEを選択してください。開けたらアイコンの右にあるInstallを押すとインストールが開始されます。インストールされると左のメニューバーにPlatformIOのアイコンが追加されます(上図でも追加されています)。

新規プロジェクト作成

※すでにプロジェクトを作成した方は次の章を参照してください。

PlatformIOがインストールされたと思うので左のメニューバーに追加されたPlatformIOのアイコンをクリックしてHomeを開いてください。
新規プロジェクト作成の際には右のQuick AccessからNew Projectを選択します。適当な名前を付けた後、Boardの欄ではArduino Unoを選択してください(Arduino Nano互換機を使用する場合もArduino Unoを選択してください。こうしないと書き込みできませんでした。)。FrameworkはArduinoを選択します。

すでにプロジェクト作成した場合

プロジェクトの設定はplatformio.iniというファイルに書かれています。platformio.iniは以下のようになっていると思います。

platformio.ini
[env:nanoatmega328]
platform = atmelavr
board = nanoatmega328
framework = arduino

ここのboard = nanoatmega328board = unoに変更してください。

参考

以下の投稿を参考にさせてもらいました。My problem was solved thanks to this post.
https://community.platformio.org/t/nano-328p-boot-loader/3997/4

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした