rbenvでRuby 2.0.0-p0をMac OS Xに入れる

More than 5 years have passed since last update.


結論

shu_0115さんのこちらの記事で必要十分でした。

http://qiita.com/items/05a09296f3633cadac3f

$ brew update

$ brew upgrade ruby-build
$ brew install openssl curl-ca-bundle readline
$ cp /usr/local/Cellar/curl-ca-bundle/1.87/share/ca-bundle.crt /usr/local/etc/openssl/cert.pem #証明書のコピー
$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=`brew --prefix readline` --with-openssl-dir=`brew --prefix openssl`" rbenv install 2.0.0-p0

これだけで良かったんだ。大事なのはbrewのupdateでしたね。

2013/03/10追記:よくよく見たら、irbで日本語入力できなかったので、readlineとopensslの場所を指定するコマンドを追加した

証明書のコピーについては以下を参照してください。

http://qiita.com/items/12457815d5cee3723b97

良かったよかった。これで、Mykytea-rubyの2.0.0での動作確認ができた。swig周りも問題無さそうですね。


以下過去の情報

参考にしたのはこちらの記事。ほとんど同じです。

Ruby 2.0 on Debian with ruby-build, rbenv - 平衡点 -- equilibrium point --

とりあえず、入れてない場合はHomebrewでrbenvとruby-buildを入れておく。


Terminal

$ brew install rbenv

$ brew install ruby-build
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> .bash_profile
$ source ~/.bash_profile
$ rbenv rehash

ruby-buildのdefinitionを追加する。

$ echo 'install_package "ruby-2.0.0-p0" "http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/ruby-2.0.0-p0.tar.gz" autoconf standard' > /usr/local/share/ruby-build/2.0.0-p0

できた!

$ rbenv global 2.0.0-p0

$ ruby -v
ruby 2.0.0p0 (2013-02-24 revision 39474) [x86_64-darwin12.2.1]

やってみてから気づいたのが、githubにはすでに2.0.0-p0のdefinitionが出ていたので、homebrewじゃなくてgitでcloneした人は悩まなくても良かったですね……。

https://github.com/sstephenson/ruby-build/blob/master/share/ruby-build/2.0.0-p0

で、これをそのまま使って入れなおしてみます。

さて、高速になったrequireを体験するとするか


追記

gem installができてませんでした。あれれ。。。

$ gem install rpec

ERROR: Loading command: install (LoadError)
cannot load such file -- openssl
ERROR: While executing gem ... (NoMethodError)
undefined method `invoke_with_build_args' for nil:NilClass