Help us understand the problem. What is going on with this article?

[UiPath][.NET]ちょっとした関数・アクティビティのメモ

なにこれ

「あれ、このメソッドって何返すんだっけ?」とか、「このデータって何のメソッド使うんだっけ」をすぐに思い出せるようにするためのメモ。
どんどん追記していきます。


  • Directory.GetFiles(str)

  • Path.GetFileName(str)

  • Path.GetFileNameWithoutExtension(str)

  • Path.GetExtension(str)

  • Path.GetDirectoryName(str)

    • strに含まれるファイルパスから、それぞれメソッド名に書かれた情報を抽出する
    • 思ったよりも、GetFileNameWithoutExtensionとGetExtensionの使いみちが多い気がする
      • ファイル名の末尾と、拡張子(.)の間に文字を入れたいとき
        • str.replace(".", str2 & ".")のほうがスマートかな
        • ダメだった。↑これだと"."が複数あったときの挙動が困る
  • "Filter Data Table"で、抽出条件に当てはまるデータが存在しない場合

    • エラーとはならない。Output DataTableには行数ゼロのデータが格納される
    • データが含まれるか否かは、DataTable.Rows.Count > 0で判定できる
  • And/OrAndAlso/OrElseの違い

  • "Merge Data Table"の挙動

    • 当たり前なんだろうけど、変数作っただけの状態のDataTableはマージに使えない
    • 最低限、defaultでnew DataTable()をやっておく必要がある
  • "Excel Application Scope"のOutputを指定した場合の挙動

    • 明示的に"Close Workbook"を行うまで開きっぱなしになる
    • 関連して、同じWorkbookを3回以上使うときに2回目以降の利用時にOutputを指定する必要はない
      • 指定しなくても、すでにWorkbookApplicationに保存されているので閉じられない
  • セレクタに変数を利用する

    • "Edit Selector"は利用できない
    • Propertiesの入力欄で入力するしかない
    • あるいはXAMLファイルを直接いじるほうが早いかも…
  • 日付データの変換

    • 文字列→型(String to DateTime)
      • Convert.ToDateTime(str)
      • CDate(str)
      • 上記いずれもDateTime型で返される
    • 型→文字列(DateTime to String)
      • datetime.toString
        • 書式指定もできる。
          • datetime.toString("yyyy/mm/dd") → 2019/06/27
          • datetime.toString("g") → 06/27/2019 00:00

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away