Help us understand the problem. What is going on with this article?

VirtualBoxでネットワーク帯域制限

まえがき

VirtualBoxでネットワーク帯域制限をやろうとしたが、素直なやり方じゃなかったのでメモ。
VirtualBoxの4.2以降から帯域制限できるようになっている。
やり方はヘルプの 6.10. Limiting bandwidth for network I/Oに記載されてる。
以下はヘルプの内容にちょっとだけ情報を追加したものになる。

VBoxManageにパスを通す

VBoxManageコマンドを使っていろいろ設定することになるが、
普通にインストールしただけじゃパスが通ってないのでパスを通す。
もしくは、VirtualBoxのbinフォルダに移動してコマンドを実行する。

帯域制限の設定を作る

VBoxManage bandwidthctl "VM name" add Limit --type network --limit 20m

上記コマンドでLimitという名前の20Mbpsの帯域制限設定を作ったことになる。
このコマンドだけVMを停止している必要あり

帯域制限の設定をネットワークアダプタに割り当てる

VBoxManage modifyvm "VM name" --nicbandwidthgroup1 Limit

上記コマンドでアダプター1に制限設定Limitを割り当てたことになる
-> nicbandwidthgroup2に変えるとアダプター2への割り当てになる。

帯域制限の設定を変更する

VBoxManage bandwidthctl "VM name" set Limit --limit 100k

上記コマンドでLimitの制限を100Kbpsに変えたことになる
また、VM実行中に設定変更が可能。
作成のコマンドと微妙にオプションが違うので注意

アダプターの帯域制限を無効化する

VBoxManage modifyvm "VM name" --nicbandwidthgroup1 none

上記コマンドでアダプター1の帯域制限を無効化したことになる。
他のアダプターの制限は有効のまま。

帯域制限設定を無効化する

VBoxManage bandwidthctl "VM name" set Limit --limit 0

上記コマンドで帯域制限Limitを無効化したことになる。
複数のアダプターに割り当てられていれば、それらすべての帯域制限が無効になる。

あとがき

VMWareだと画面から帯域制限をいろいろいじれたが、VirtualBoxだと上記のようにコマンドでいろいろやんないといけないのでちょっと面倒くさい。。。
また、データ受信側のNICに対して制限を掛けても効果がないので送信側に対して制限を掛ける必要がある。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away