Help us understand the problem. What is going on with this article?

HPのスイッチ(Procurve)に設定を適用してファームウェアのバージョンを上げたい

More than 3 years have passed since last update.

タイトルの通りです。

シリアルコンソール

とりあえず初期設定をするためにシリアルコンソールを取りたいので以下の記事を参考にしながらつなぐ。

screen /dev/tty.usbserial 9600で入ることができる。

設定を流し込む

operatorモードとmanagerモードがあって使えるコマンドとかが違う。

operatorモードの場合はmanagerモードになる。

HP Switch> enable
HP Switch#

起動時の設定はshow configで見ることができる。変更中の設定はshow running-configで見ることができる。設定はwriteしないと保存されないので再起動時に消えるで注意。

設定を流したい場合はconfigureconfigのどちらかを打つと、『グローバルコンフィギュレーションレベル』というのになれるのでそこで設定を貼る。既に設定されているスイッチがあればshow configした結果を貼り付けるのがラク。

ファームウェアのバージョンを上げる

とりあえずファームウェアをダウンロードする。show configとかでProductNumberというものが分かるのでそれを使う。ProductNumberがJ9280Aなら以下の様なURLに行く。

https://h10145.www1.hp.com/Downloads/SoftwareReleases.aspx?ProductNumber=J9280A

ちゃんとしたリンクがどこにあるのか謎。

tftpサーバーを立てる

ファームウェアをスイッチ上でダウンロードするためにtftpサーバーを立てる。Macなら最初から入っているのでそれを起動する方法を紹介する。

この記事に大体全部書いてある。

/System/Library/LaunchDaemons/tftp.plistに設定があるのでこれを起動する。launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/tftp.plistで起動できる。sudo lsof -i:69で起動しているか確認できる。用が済んだらsudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/tftp.plistしてサービスを停止する。

デフォルトでは/private/tftpbootディレクトリ以下が公開されるが、無理に変更しない方が良さそう。公開されているディレクトリ以下にファームウェアのファイルを置く。

ファームウェアを適用する

MacとスイッチのIPが付いているポートを繋いで同一ネットワーク内に所属させる。そうしたらMacのtftpサーバーからダウンロードして適用すればよい。

この記事に大体全部書いてある。

# tftp経由でダウンロードして適用する
copy tftp flash 192.168.1.12 R_11_25.swi primary

# 確認する
show flash

# 再起動
reload

# バージョンを確認
show version
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away