Posted at

MacでNode.jsのバージョン管理

More than 3 years have passed since last update.


Node.jsのバージョン管理

当たり前の人にとっては当たり前の内容です。

ほとんど自身の備考録みたいなものとして残します。

そもそもなぜバージョン管理が必要か?


  • Nodeのバージョンアップデートが激しい


    • 早く新しい機能を使いたいのと,安定した機能を使い続けたい,が半々



  • 仕事とプライベートで使い分けたい


    • SWのシステム要件でサポートされるバージョンが違ったりする



  • チーム開発時と,個人で使い分けなければならない(2番目と似たようなもん)


使用するツール


  • 環境: Mac OS X 10.10.5

  • homebrew

  • nodebrew


homebrew

Macで使用する様々なツールのパッケージ管理ツール

例えば,


  • Cordova

  • Docker

  • Git

  • etc.

インストールコマンド: brew i Docker

インストールされるディレクトリ: /usr/local/Cellar


nodebrew

Macで使用するNode.js/io.jsのバージョン管理ツール

必要な複数のバージョンのNodeをインストールしておき,使いたい時に,任意のバージョンを指定すれば良い


Macで使えるようにする


  • homebrewのインストール

    ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


  • nodebrewのインストール

    brew install nodebrew

    ==> /use/local/Celler/にnodebrewディレクトリが生成される


  • nodebrewのセットアップ

    nodebrew setup

    ==> $HOMEに.nodebrewが生成される


  • nodebrewのパスを通す

    export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

    ==> $HOME/.bashrc(もしくは.bash_profile)に上記を追記


  • 設定を有効化

    source .bashrc(.bash_profile)


  • 使いたいNode.js/io.jsを指定してインストール

    nodebrew install-binary v.4.2.2

    ==> nodebrew ls-remoteで,リポジトリにあるバージョンを確認し,任意のバージョンを指定すれば良い


  • 使用するバージョンを指定

    nodebrew use v4.2.2



まとめ

今回は,MacでNode.jsのバージョン管理のためのツール導入方法を書き残した。

homebrew > nodebrew > Node.js

このようにした理由は,以下の3つ


  • あらゆるパッケージ管理をすでにhomebrewで行っており統一したい

  • Node.jsに関しては複数バージョンを併用したい

  • homebrewのリポジトリはNode.jsの欲しいバージョンがない(追加されるのが遅い)