LoginSignup
0

More than 5 years have passed since last update.

Git のすごくすごく簡単なまとめ

Last updated at Posted at 2018-06-20

callmekohei's Git memo

Gitのちょっとしたまとめ

Environment

$ sw_vers 
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.13.5
BuildVersion:   17F77

Prepare

install commands

$ brew install git
$ brew install hub
$ brew install gibo

bashrc ( $HOME/.bashrc )

# alias
eval "$(hub alias -s)"

# completion
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash
source /usr/local/etc/bash_completion.d/hub.bash_completion.sh

config file ( $HOME/.gitconfig )

[user]
    name  = callmekohei
    email = callmekohei@gmail.com
[merge]
    # fast-forward merge をしない
    # topic branch の履歴をあえて残す
    ff = falsea 
    tool=vimdiff
[pull]
    rebase = true
    ff = only

ssh ( for Github )
Generating a new SSH key and adding it to the ssh-agent
Adding a new SSH key to your GitHub account

用語

Git has three situations.

working directory ( work tree , working copy )
staging area ( index )
repository

Gitの使い方

  1. topic branchを作成してコードを書き、いい感じなったらmasterにマージ
  2. git reset, git checkout foo.txt するときは、git stash を実行すること
  3. 文字コード/改行コードの変更とコードの変更を一緒にコミットしない!
  4. push -f は極力使わない!
  5. コミットメッセージは具体的に書く!
x  バグ修正
▲ fooのタイムアウト値を500msから1000msに変更
○ fooフィールドに値がない場合にエラーになるバグを修正

.git

gitとは?

git add      は file の追加
git commit   は ファイル構成の追加
id は 160bit の SHA-1 を使ってるのでダブらない

git add foo.txt

.git/index  に indexデーターを追加(tree objを作るのに必要)
.git/objectsに blob objを追加(blob obj = real date)

git commit -m 'foo'

.git/objectsにtree objを追加(tree obj = ファイル構成(folder) )
.git/objectsにcommit objを追加(commit obj contains tree obj and previous commit id )

確認用commands

# index ファイルをみる
$ git ls-files -s

# objects ファイルをみる( -t:type, -s:size, -p:value )
$ git cat-file -p commit-id

# commited objects ファイルをみる
$ git rev-list --all --objects --format=oneline

add, commit and rollback

rollback ( file指定 -> checkout )

        wt         idx         repo
 -----------------------------------------+ checkout HEAD foo.txt
            checkout foo.txt              | reset --hard HEAD
        *   <---    *           *         | <--+  <--+
   edit |                                 |    |     |
        v                                 |    |     |
        @           *           *         |    |     |
                    ^                     |    |     |
            add     | reset               |    |     |
        @   --->    @           *         | ---+     |
                                ^ reset   |    checkout HEAD^ foo.txt
                        commit  | --soft  |    reset --hard HEAD^
        @           @   --->    @         | ---------+ 

counter command

add    <-> reset
commit <-> reset --soft HEAD^

rollback in Github

# 相殺コマンド(履歴が残る)
$ git revert commit-id

commit id

abs
    3a0d708
relative
    head~ head~2 head~3 ( before  )
    head^ head^2 head^3 ( parents )

git commands

なにはともあれ一時保存stash
stashしたときはcommitした状態にもどる

# 一時保存 stash save --include-untracked
$ git stash-all

# 一時保存リスト
$ git stash list

# 一時保存した状態にする
$ git stash apply <tab>

# stashをけす
$ git stash drop <tab>

状況確認show, log, reflog

# 今の状況を見る show -sb
$ git s

# コミット状況を見る log --graph --all --oneline --decorate -n 20
$ git tree

# commit id を見る
$ git reflog

変更箇所を見るdiff, show

# git add する前に差分を見る diff
$ git d foo.txt

# git add した後に差分を見る diff --staged
$ git ds foo.txt

# commitの差分を見る !git log --oneline | fzf | cut -d ' ' -f1 | xargs -o git show
$ git dp

インデックスに変更を追加 add

# ファイル構成を変えた時は実施
$ git add -A

# 細かくインデックスに追加
$ git add -p ( use e )

# stage させない方法
    +foo " ラインを消す
    -foo " - を space にかえる

# エラーがでるときはこれを消す
    @@ -1,4 +1,6 @@ 

コミットを作成 commit

$ git commit -m 'foo' foo.txt

今いるコミット(HEAD commit)に何かする commit --amend

$ git commit --amend -m 'bar' foo.txt

コミットを分割する rebase, edit

$ git rebase -i commit-id

        pick 6f095c6 foo
        edit 04c02fd bar
        pick 1f16754 baz

    $ git reset HEAD^
    $ git add -p
    $ git commit -m 'bar 01'
    $ git add -p
    $ git commit -m 'bar 02'

$ git rebase --contine

コミットを編集する rebase, edit

conflictが起こった場合は競合箇所を修正してからaddとrebase --continueを実行(コミットはしない)

$ git rebase -i commit-id

        pick 6f095c6 foo
        edit 04c02fd bar
        pick 1f16754 baz

    $ vim foo.txt
    $ git add foo.txt
    $ git commit --amend

$ git rebase --continue

コメントを変更する amend, rebase, reword

# 直前のコミットメッセージの変更
$ git commit --amend -m 'foo'

(順序を変えて)コミットをまとめる rebase, fixup, squash

" 順序を変える場合はコミット行を入れ替える
" コメントを変更する場合は squash
pick   foo
fixup  bar

コミットを削除する rebase

削除したいコミットの行を消す

ブランチを作成 branch

$ git branch foo

# 過去のcommit-idから分岐させる
$ git checkout commit-id  # HEADを移動させて・・
$ git branch foo          # そこからブランチをきる

ブランチをけす delete

# local
$ git branch --delete foo

# remote
$ git push --delete origin foo

# remote
$ git fetch --prune

ブランチの切り替え checkout

# ブランチの確認
$ git branch -a

# ブランチの切り替え local
$ git checkout foo

# ブランチの切り替え remote
$ git checkout origin foo
$ git pull origin foo

ブランチをmasterにとりこむ merge

$ git checkout master
$ git merge foo

merge conflict ours, theirs and manual edit

# use ours theirs
$ git checkout --ours foo.txt
$ git checkout --theirs foo.text

# manual edit
$ git difftool foo.txt

Github ( TODO: よくわかってない )

origin shows Github repository

他の人へのプルリク

# Githubでfork

# forkしたリポジトリをダウンロード
$ git clone <web address>

# ブランチをきる
$ git checkout -b foo

# ブランチfooをアップロード
$ git push -u origin foo

# Githubでプルリク

自分のリポジトリ

# Github's repository ( origin ) を作成
$ git create

# upload
$ git push

# upload foo branch
$ git branch -b foo
$ git push

# プルリク
$ git pull-request -b master foo

Reference

Pro Git
サルでもわかるGit入門
Gitポケットリファレンス
GitHub実践入門
Web制作者のためのGit入門
アリスとボブのGit入門レッスン

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0