Edited at

GROWIをHerokuにインストールする


きっかけ

以前いた会社で社内wikiを使用していたんですが、

けっこう便利だったので、自分用にも欲しいと思ったのがきっかけ。

なるべく手軽に導入するのが目標。

別に共有する相手もいないので、ローカルに構築すればいいのだが、ウェブ上に構築してみる。


GROWI


wikiを選ぶ

以前使っていたのはdokuwiki

機能的にはdokuwikiで十分なんだけど、同じwikiを使うのも芸がない

それにdokuwikiはデザインちょっと古いし…

おしゃれなのがいいなーと思っていたらGROWIを発見

https://growi.org/

GROWIはCROWIから派生したものらしい

さっそくGROWIをインストールしてみる。

ドキュメントはこちら → https://docs.growi.org/

GitHubはこちら → https://github.com/weseek/growi

でもドキュメントの内容はあまり充実してない模様…


HEROKU

目標はとにかくお手軽にインストールすること!

ふと、GitHubのQuick Start for ProductionのUsing Herokuの部分を見ると手順はたったの2つ!

これはお手軽に違いない

Herokuは使ったことがないが試してみる

まずサインアップしてHerokuにログイン

次にGitHubのGROWIのページに行く

紫色の「Deploy to Heroku」ボタンをクリック

以下の画面が開く

適当にApp nameを入力して

「Deploy app」ボタンをクリック

するとなんだかデプロイが始まった模様

途中で「クレジットカードを登録してください」みたいな感じになったからクレジットカードを登録

デプロイ完了!

「View」ボタンを押すとGROWIのセットアップ画面に遷移する

見事にGROWIを設置完了!

本当にお手軽でした

Herokuの知識もまったくなかったのですが、あっという間に実装できました。

ありがたい!


あとで気づいた衝撃の事実

GROWIをherokuにインストールするのは恐ろしく簡単でした。

こんなの記事にするまでもないのですが…

インストール後に気づいた衝撃の事実を書きたかった。


1.画像のアップロードができない!

GROWIをherokuにインストールしただけでは画像のアップロードができなかった。

どうやらAmazon S3にアップロードするように設定しないといけないらしい。

しかもGROWIのドキュメントにその方法が書いてない!

これから追加されるようですが…

このままではせっかくインストールしたGROWIが使えない。

なんとかしなければ…

追記:

コメントでmongodbにアップロードする設定を教えていただきました。

詳細は追記をご覧ください。


2.独自ドメインだとhttpsで接続できない

正確には「独自ドメインだと無料でhttps接続できない」

これはちょっとだけがっかりした。

でも、個人で使うだけだし、お金を払うほどじゃないので独自ドメインをあてるのは諦めます。


3.Herokuは30分でスリープする

これはHerokuの仕様。

アクセスがないと30分でスリープする。

でも、今回のケースでは全く問題ない。

自分で使うだけなので、スリープから復帰するまで少し待てばいいだけの話。

スリープさせない方法もあるようなので、今後必要になったら考える。

Herokuの無料dynoをスリープさせないで24時間稼働させる4つの方法


まとめ

GROWIをHerokuにインストールするのはかなり簡単!

でも、画像のアップロードの仕方を考えないと…

Amazon S3なんて触ったことないし…

Googleさんに聞いてみても、なかなか手順が載ってるサイトを紹介してくれない。

GROWI公式のドキュメントが出るのを待つか…

どなたか教えてくださるとうれしいです。


追記

「どなたか教えてくださるとうれしいです。」と書いていたら、

コメントで「環境変数オプションのうち、 FILE_UPLOAD=mongodb を設定するのが一番簡単」と教えていただきました。

この記事を書いた後にAmazonS3の設定に四苦八苦していたのですが、

教えていただいた方法を試したら、一発でファイルのアップロードができるようになりました。

ありがとうございます!!

以下に手順を追記します。


画像をアップロードする方法

まずHerokuにログインします。

app名をクリックしてSettingを開きます。

Reveal Config Varsをクリックすると、今設定されている環境変数の一覧が表示されます。

一覧の一番下に環境変数の追加フォームがあるので、FILE_UPLOAD=mongodbを追加する。



Addをクリック

これで設定完了!

画像をアップロードできるようになりました。

手っ取り早くGROWIを使いたい人にオススメです!

GROWI.Cloudを使うという手もありますけどね…