Help us understand the problem. What is going on with this article?

最近のRealmの動向 (from Realm meet up #2)

More than 3 years have passed since last update.

4月23日に開催された Realm meet up #2 に行ってきました。
主催の岸川さんによる Recent Updates の内容を共有します!

IMG_6535.JPG

Realm meet up #2

日時: 2015年4月23日 19時〜
@Sansan株式会社 (いつも会場提供ありがとうございます!)

Recent Updates

  • スピーカー: 岸川さん
    • @kishikawakatsumi さん
    • 3月からRealmのCocoaチームにJoin
    • 「WWDC行かれる方は現地でお会いしましょう」

Javaのおはなし

  • Realm Java 0.80.1 出た。

    • つい先週。
    • マイナーバージョンアップである。
    • 同梱されているRealmコアのバージョンアップがおこなわれた。
      • それにより、
      • ソートのパフォーマンスと文字列のインサート速度改善。
      • RealmQuery に isNull() と isNotNull() メソッドが追加。
        • リレーションに対してのみ有効。それ以外のデータ型はNULLサポート完了後。
      • Realm.deleteRealmFile(File)メソッドが追加。
        • トランザクションとかロックファイルとかよしなに。
    • バグフィックスもいくつか

uPhyca/stetho-realm のおはなし

Realm Cocoa のおはなし

  • Realm Cocoa 0.91.3 出た。

    • RLMCollection (RLMResultsとRLMArray) でKVCサポート
    • ソートのパフォーマンスが改善
    • 文字列またはNSDataを他のスレッドから書き込んだ際の、RLMRealmの更新速度が向上。
    • インデックスの追加。削除が既存のカラムについても行われるように。
  • KVCについて

    • RLMCollection supports collection KVC operations
    • 検索結果をアップデートするときはループで回しながらオブジェクトを while ループし、オブジェクト一つ一つにプロパティをセットしていた。 IMG_6537.JPG
    • KVCサポートにより下記の1行で全て結果に対しプロパティに値をセットできるに。 IMG_6538.JPG
  • NULL Support BETA!

    • あくまでもベータ版。正式版には含まれていない。
    • Coreを入れ替えることによってNULL Support BETAが使用できる。
    • ※まだNULLが格納できるわけではない。準備段階。みんな協力を!
    • ベータテストに協力するにあたって
      • 実際のアプリケーションでテストすべし。
      • 問題があったりおかしな動作に気付いたら教えて。
      • 次のステップに進むためにベータへの協力お願い!
  • Realm Swift (Soon!)
    IMG_6539.JPG

    • もうまもなくリリース!(来週くらいから使用できる!?)
    • Objective-C互換のメソッド名ではなくSwiftっぽい簡潔なメソッド名。
    • Typeセーフで一貫したAPIが使用できる!
let realm = Realm()
realm.write {
   realm.create(Personself, value: ["Jaho"…])
}

Next Meetup

  • 5/21
  • 19:00〜
  • Sansan株式会社

オーストラリアからコア開発チームの Time Oliver さんが来てました。
自販機で後ろに並んでたら流暢な日本語とともに「すみません。。」って腰低く戻って行っちゃいましたw

次回もよろしくお願いします!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした