Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
7
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

@caad1229

Arduino開発 : vim + ino

arduino_ino.png

inoについて

arduinoのIDEはシンプルでおしゃれなデザインだ。
が、自分はやっぱりコマンドベースで開発したい。

  • Mac OS X Yosemite
  • Ubuntu 14.04

inoという非公式だがコマンドラインツールがある。
それを使えば、簡単にビルドとアップロードができる。公式でも紹介されている。

inoは単体ではビルドやアップロードができない。公式のArduino Software(IDE)が必要だ。

が、これにすごはまってしまった。結論から言うとarduino1.0x系だとオリジナルのinoは使える。Arduino Softwareは現在、1.0x系と1.5x系(beta)、1.6x系がある。現時点での最新は1.6.3である。
(OldSoftwareRelease)

何パターンか試したんだけど、以下のような結果になった。pipからインストールするinoのバージョンはv0.3.6で、v1.5x系に対応しているバージョン(v0.3.7)は自分でインストールする必要がある。あまり良い結果ではないので、最新版をベースにコマンドラインで開発する場合、自分で修正するか別の方法を模索したほうが良さそうだ。

ino v0.3.6 (pip install) ino v0.3.7 (githug install)
IDE v1.6.3 × ×
IDE v1.5.8 BETA × ×
IDE v1.5 BETA x
IDE v1.0.5

最新を使ってビルドしたかったので、トライアンドエラーでinoの修正を行い、ビルドまではできた。しかし他のコマンド、例えばuploadも修正が必要だったので心が折れてあきらめた。
だって早くArduinoで遊びたいのだもの。(IDE使えって話なんだけど。。)

とりあえず、古いバージョンでもビルドやアップロードができるのでこちらをメモ。気になる場合はリリースノートで差分を確認してみてください。

環境構築

Arudino Softwareを取得する

長ったるい前置になってしまったが、Arduinoバージョンはv1.0.5を使う。MacはArduinoサイトから、Ubuntuはapt-getからゲットできる。自分は両プラットホームを一緒に環境構築したのでメモ。どちらも手順はほとんど同じ。

Mac

  • v1.0x系の最新であるv1.0.5をダウンロードする

20150428084901.png

# wgetでもいける
$ wget http://arduino.googlecode.com/files/arduino-1.0.5-macosx.zip
  • 解凍してアプリケーションフォルダに放り込む

Ubuntu

  • apt-getでインストールできる。パッケージからのバージョンはv1.0.5
# arduino IDE
$ sudo apt-get install arduino

inoのインストール

  • pipを使ってインストール
$ easy_install pip
$ pip install ino
  • v1.5対応の最新版がよければ自分でインストール
$ git clone https://github.com/amperka/ino.git
$ cd ino
$ make install
  • 環境によってはsudoユーザでなければいけないかも。

inoを使ってみる

プロジェクト作成

-tでLEDの点灯サンプルコードがデフォルトで書かれている

$ mkdir ./hoge
$ cd ./hoge
$ ino inot -t blink

build

$ ino build

upload

特にポート指定しなくてもアップロードはできた。オプションで指定もできる。

$ ino upload

おしまい

何も細かいことを気にせずにシンプル操作でビルドとアップロードができるはすごく便利だ。
もちろん詳細も設定できる。/etc/ino.iniか、~/.inorcを作成して、そこに例えばシリアルのデバイスや、ボーレート、Arduino IDEのディレクトリなども指定できる。(http://inotool.org/quickstart)

ino serialコマンドでシリアルもチェックできるわけだが、picocomが必須。

実はinoは使っていない。platformioを使っている。こちらはもっと楽なのでメモを残したいと思う。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
7
Help us understand the problem. What are the problem?