vim-refを使う

  • 20
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

1. vim-refとは

vimで辞書をみるプラグイン

2.準備

1. テキストブラウザ

テキストブラウザの種類はいろいろあるけど、今回はlynxをインストール。

$ brew install lynx

設定はファイルを変更。

lynx.cfg
#CHARACTER_SET:iso-8859-1
    ↓ 変更
CHARACTER_SET:utf-8

#PREFERRED_LANGUAGE:en
    ↓ 変更
PREFERRED_LANGUAGE:ja

2. マニュアル

とりあえずRubyとPHPのマニュアルを入れてみる。

Ruby

$ gem install refe2 #refeをインストール
$ bitclust setup #refeのセットアップ

.vimrcに以下を追記。

let g:ref_refe_cmd = $HOME.'/.rbenv/shims/refe' "refeコマンドのパス

PHP

PHP: Download documentationのMany HTML filesを任意のディレクトリにDL。

.vimrcに以下を追記。

let g:ref_phpmanual_path = $HOME . '/.vim/ref/php-chunked-xhtml' "マニュアルをDLしたディレクトリを指定

3. vim-refのインストール

.vimrcに以下を追記して、:NeoBundleInstall

NeoBundle 'thinca/vim-ref'

4. 使い方

:Ref refe putsとか:Ref phpmanual echoとかやるとvimからRubyやPHPのマニュアルが見られるようになる。
または、Shift-kで、カーソル上の単語を検索できる。

参照