Mavenでビルドする際にpomによく書くことメモ

More than 3 years have passed since last update.

Mavenでビルドする際に、Pom.xmlによく書くことメモ。


ソースコードのエンコード指定

    <properties>

<project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding>
<java.version>1.8</java.version>
</properties>

エンコードの指定は

[WARNING] File encoding has not been set, using platform encoding UTF-8, i.e. build is platform dependent!

というエラーを無くすため。

javaバージョンはmaven-compiler-pluginに渡して、JDK8でビルドさせるため。


コンパイルオプション付加用の変数

    <build>

<plugins>
<plugin>
<artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
<version>3.3</version>
<configuration>
<source>${java.version}</source>
<target>${java.version}</target>
<compilerArgument>${compilerArgument}</compilerArgument>
</configuration>
</plugin>
</plugins>
</build>

compilerArgumentはコンパイルオプションを追加で指定するため。

というのも

 [javac] 注:詳細については、-Xlint:deprecation オプションを指定して再コンパイルしてください。

といったメッセージがコンパイル時に出ることがあるため、mvnコマンド時に上記のオプションを渡せるようにしたいので。

実際にコンパイルオプションを付ける場合は、以下のようにする。



$ mvn clean compile -DcompilerArgument=-Xlint:deprecation,unchecked

Xlintにはカンマ区切りで複数指定できるようだ。