Help us understand the problem. What is going on with this article?

Elasticsearch(v5)を使うにあたっての神記事まとめ

More than 1 year has passed since last update.

Elasticesearchについて何も知らない状態で最新のバージョン5.6を使い出そうとする人向け。

公式ドキュメント

最新版はここ
2017/11/11現在はバージョン5.6。

チュートリアル・基礎知識系

はじめての Elasticsearch

インストールや基本的なREST API操作についての素晴らしいまとめ。
初日はこれを読まずに、curlでAPIを叩いてSAN値の急激な低下により挫折した...

とにかくElasticsearchだけじゃなくて、Kibanaも一緒にインストールしてDev Tool画面からAPIを叩いてみるのが初心者ルートだ!

Elasticsearch 日本語全文検索

日本語のデータをつかった簡単なサンプルが紹介されている。
MappingAnalyzerという概念が重要なことに気づく。
フィールドごとにAnalyzerを変えるという使い方が通常のようだ。

知識ゼロからElasticsearchを実践で使えるようになろう!

Elasticesearchを使って、どうやって実際の検索用データを設計していくかを教えてくれる神記事。

特に、Elasticsearchのインデックス定義を設計する手順 を繰り返し参照することになりそう。

Elasticsearchチュートリアル

レストラン検索という例を使って、スキーマ設計から現実的な検索クエリまで説明してくれている。
検索結果の並び替えの自由度がすごいことに気づく。

Elasticsearch 5.xの新機能と、1.xから5.xへのアップグレード

ネットで見つかる日本語のElasticsearch情報はバージョンが2系以下のものが多いので、この記事と照らし合わせながら、今での使えるのかどうかを確認する必要がある。

  • 設定ファイルに index.*** が書けなくなったこと
  • string型が廃止されたこと
    • textkeywordになった。前者はanalyzeされるが、後者はされないので後者は完全一致検索用に使える。

などに引っかかった。

Elasticsearch インデックス・エイリアス

本番環境でElasticsearchを使う場合、インデックス・エイリアスの利用は必須になることを丁寧に説明してくれている記事。

より高度な日本語検索向けの設定

Elasticsearchで日本語全文検索をするときの最低限の設定(形態素解析のみ)

Elasticsearch 日本語形態素解析のための文字列正規化の重要性

日本語検索にはKuromoji analyzerで、で終わってはいけないこと。
ICU Normalization CharFilterが有効そう。

サジェスト検索について

日本語でのサジェストの難しさとElasticsearchを用いた実装例

Elasticsearch キーワードサジェスト日本語のための設計

Solrからの移行

Common Solr Queries in Elasticsearch Query DSL

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away