RaspberryPi
raspbian
Raspberrypi3

Raspberry Piにリモートデスクトップ接続

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Windowsのリモートデスクトップを使用し、Raspberry Piのデスクトップ環境にログインする手順について説明します。

環境

Hardware : Raspberry Pi 3 Model B
Server OS : RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL January 2017 (Kernel version 4.4)
Client OS : Windows 10 Pro

前提

基本的なLinuxコマンドの知識
Raspberry Piがインターネットに接続出来ること

参考

Raspberry Pi 公式サイト
Raspberry Pi に RDP で接続できないときの対処

解説

TightVNCサーバのインストール

  • インストール済みの場合は、下記のような表示となります。
Linux
$ sudo apt list tightvncserver
一覧表示... 完了
tightvncserver/stable,now 1.3.9-6.5 armhf [インストール済み]
$
  • インストールされていない場合は、下記のような表示となります。
Linux
$ sudo apt list tightvncserver
一覧表示... 完了
tightvncserver/stable 1.3.9-6.5 armhf
$
  • TightVNCサーバがインストールされていない場合、下記コマンドでインストールします。
Linux
$ sudo apt -y install tightvncserver

xrpdのインストール

  • インストール済みの場合は、下記のような表示となります。
Linux
$ sudo apt list xrpd
一覧表示... 完了
xrdp/stable,now 0.6.1-2+rpi1 armhf [インストール済み]
N: 追加バージョンが 1 件あります。表示するには '-a' スイッチを付けてください。
$
  • インストールされていない場合は、下記のような表示となります。
Linux
$ sudo apt list xrpd
一覧表示... 完了
xrpd/stable 1.3.9-6.5 armhf
$
  • xrpdがインストールされていない場合は、下記コマンドでインストールします。
Linux
$ sudo apt -y install xrpd

リモートデスクトップ接続

  • 接続元のWindowsから、リモートデスクトップを起動します。
  • 【コンピューター】に接続先 (Raspberry Pi) のIPアドレスを入力し【接続】ボタンをクリックします。

  • 警告のメッセージが表示されますが、無視して【はい】ボタンをクリックします。

  • 【userame】と【password】に、Raspberry Piにログインする際のアカウント情報を入力し【OK】ボタンをクリックします。

  • ログインできると下記のようなRaspberry Piのデスクトップ画面が表示されます。

:warning: Raspberry PiにTightVNCサーバがインストールされてなかったら、ログイン時、下記画面が表示されるのでTightVNCサーバをインストールしてください。