Help us understand the problem. What is going on with this article?

Jupyter で、カーネルに IPerl を加える。

20161216

単に PerlJupyter で実行したいだけなら、Dockerfileがある。

環境

  • @CentOS7.2.1511
  • jupyter は設定済み、実行確認済み。
  • python は、pyenv で管理している anaconda2-4.0.01 & anaconda3-4.0.0
  • perl は、plenv で管理している 5.24.0

python の設定

2 系 3 系の切り替えが出来る様にしとこ。

設定方法は、周知の通り。

$ pyenv shell anaconda2-4.0.0
$ jupyter kernelspec install-self --user
$ pyenv shell anaconda3-4.0.0
$ jupyter kernelspec install-self --user

どちらかで、

$ jupyter notebook           #A

tree => newNotebooks に 2 と 3 の選択が現れる。

Perl の設定

IPerl のインストール

  • 上記 python の設定後の実行
  • yum は不必要なものも入っているかもしれない2
$ plenv shell 5.24.0
$ sudo yum install perl-devel zeromq zeromq-devel
$ cpanm Devel::IPerl --notest

でインストール自体は終了。もしかしたら、この時点でカーネルはインストールされているのかもしれないが、私は、

$ kill %1          # #A が起動してるなら
$ iperl notebook

して一旦 jupyter を立ち上げた。

普通に、カーネルが入った様で、Python 側から立ち上げても、IPerl 0.006 カーネルでノートブックが作成できるようになった。

iperl01.png

iperl02.png

ついでに RISE

conda するだけなんだから、入れとこう、、、

$ pyenv shell anaconda3-4.0.0
$ conda install -c damianavila82 rise
  • インストールした環境で #A しないと使えない3

  1. 2.7.11 と 3.5.1。 jupyter は双方デフォで入っている。3.5.1 は、 RISE インストール時に 3.5.2 にアップグレードしてしまった。 

  2. perl-devel は何も考えずに叩いてしまったが、、、 

  3. この場合だと、2系で #A すると、画面上にアイコンが表われなかった。 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした