144
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

情報系論文の検索サービスメモ

以下は論文を検索する際に有用と思われるサイトです。誰でも利用可能なもの、有料年間登録が必要なもの、色々ありますが調べ切れていません。。。分かり次第追記していきたいです。

Google Scholar

http://scholar.google.co.jp/
[登録無し・無料]
Googleによる論文検索サービス。無料で利用出来るが、論文が読めるかどうかは、リンク先次第といった所。Googleブックスで一部読める場合がある。

arXiv

http://arxiv.org/
[登録無し・無料]
コーネル大学図書館が管理している論文投稿サイト。情報(計算機科学)系以外にも、数学・物理等の論文がある。基本的に誰でも論文を閲覧出来る。

ACM Computing Surveys

http://surveys.acm.org/
調査中。最新動向を掴むのに有用らしい?

ACM Digital Library

http://dl.acm.org/dl.cfm
調査中。有料登録(年間100ドル)すると全部の論文が読めるらしい?

IEEE Xplore Digital Library

http://ieeexplore.ieee.org/Xplore/home.jsp
調査中。有料登録すると全部の論文が読めるらしい?

CiteSeerX

http://citeseer.ist.psu.edu/index
調査中。

Research at Google

http://research.google.com/pubs/papers.html
Googler(Google社員)が発表した論文へのリンク集。無料で読めるものもある。

CiNii Articles

http://ci.nii.ac.jp/
日本の学会で発表された論文を探す場合はここ。日本語で書かれた論文もある。誰でも閲覧可能な論文もあるが、基本的には登録が必要?
大学等の教員・学生は無料、その他の個人は年間2,160円かかるらしい。

情報学広場:情報処理学会電子図書館

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/
ユーザ登録は無料。一部有料のコンテンツがある。

参考文献

論文の検索と入手 (カナダからのブログ)
http://www.kanadas.com/weblog/2006/10/post_29.html

IT系でも活用しなければ損。論文を読んで広がる知見 - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/column/andoh/andoh47.html

[PDF]情報系の研究者が研究・論文執筆をする際に知らなくてはならない事や心構え
http://web.sfc.keio.ac.jp/~naoe/security/documents/naoe/research-ver2.pdf

[PDF]論文の読み方探し方(海外文献版)
http://www.rm.is.ritsumei.ac.jp/~otsuki/AboutConf2010_international.pdf

インフラエンジニア向けシステム系論文 - ゆううきブログ
http://yuuki.hatenablog.com/entry/system-papers


素人なので、間違い等あればコメントで指摘して頂けると幸いです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
144
Help us understand the problem. What are the problem?