Edited at

情報系論文の検索サービスメモ

More than 3 years have passed since last update.

以下は論文を検索する際に有用と思われるサイトです。誰でも利用可能なもの、有料年間登録が必要なもの、色々ありますが調べ切れていません。。。分かり次第追記していきたいです。


Google Scholar

http://scholar.google.co.jp/

[登録無し・無料]

Googleによる論文検索サービス。無料で利用出来るが、論文が読めるかどうかは、リンク先次第といった所。Googleブックスで一部読める場合がある。


arXiv

http://arxiv.org/

[登録無し・無料]

コーネル大学図書館が管理している論文投稿サイト。情報(計算機科学)系以外にも、数学・物理等の論文がある。基本的に誰でも論文を閲覧出来る。


ACM Computing Surveys

http://surveys.acm.org/

調査中。最新動向を掴むのに有用らしい?


ACM Digital Library

http://dl.acm.org/dl.cfm

調査中。有料登録(年間100ドル)すると全部の論文が読めるらしい?


IEEE Xplore Digital Library

http://ieeexplore.ieee.org/Xplore/home.jsp

調査中。有料登録すると全部の論文が読めるらしい?


CiteSeerX

http://citeseer.ist.psu.edu/index

調査中。


Research at Google

http://research.google.com/pubs/papers.html

Googler(Google社員)が発表した論文へのリンク集。無料で読めるものもある。


CiNii Articles

http://ci.nii.ac.jp/

日本の学会で発表された論文を探す場合はここ。日本語で書かれた論文もある。誰でも閲覧可能な論文もあるが、基本的には登録が必要?

大学等の教員・学生は無料、その他の個人は年間2,160円かかるらしい。


情報学広場:情報処理学会電子図書館

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/

ユーザ登録は無料。一部有料のコンテンツがある。


参考文献

論文の検索と入手 (カナダからのブログ)

http://www.kanadas.com/weblog/2006/10/post_29.html

IT系でも活用しなければ損。論文を読んで広がる知見 - @IT

http://www.atmarkit.co.jp/fjava/column/andoh/andoh47.html

[PDF]情報系の研究者が研究・論文執筆をする際に知らなくてはならない事や心構え

http://web.sfc.keio.ac.jp/~naoe/security/documents/naoe/research-ver2.pdf

[PDF]論文の読み方探し方(海外文献版)

http://www.rm.is.ritsumei.ac.jp/~otsuki/AboutConf2010_international.pdf

インフラエンジニア向けシステム系論文 - ゆううきブログ

http://yuuki.hatenablog.com/entry/system-papers


素人なので、間違い等あればコメントで指摘して頂けると幸いです。