LoginSignup
41

More than 5 years have passed since last update.

【Windows】 robocopy コマンドのメモ

Last updated at Posted at 2015-02-05

robocopy

Linux の rsync 的なコピーコマンド。

Windows Vista 以降、Windows Server 2008 以降では標準コマンドとして用意されている。
Windows 2000, XP, Windows Server 2003 はリソースキットをダウンロードして利用可能。

以下、自分でよく利用するオプション。

使用法 : ROBOCOPY コピー元 コピー先 [ファイル [ファイル]...] [オプション]

コピー元 : コピー元ディレクトリ (ドライブ:\パスまたは \\サーバー\共有\パス)。
コピー先 : コピー先ディレクトリ (ドライブ:\パスまたは \\サーバー\共有\パス)。
ファイル : コピーするファイル (名前/ワイルドカード: 既定値は「*.*」です)

使用例 : ROBOCOPY D:\temp N:\TEMP /log:N:\TEMP_LOG.TXT /TEE /NP

オプション

オプション 説明
/S サブディレクトリをコピーしますが、空のディレクトリはコピーしません。
/E 空のディレクトリを含むサブディレクトリをコピーします。
/PURGE 既にコピー元に存在しないコピー先のファイル/ディレクトリを削除します。
/COPY:コピーフラグ ファイルにコピーする情報 (既定値は /COPY:DAT)。
(コピーフラグ: D= データ、A= 属性、T= タイムスタンプ)。
(S= セキュリティ =NTFS ACL、O= 所有者情報、U= 監査情報)。
/MIR ディレクトリ ツリーをミラー化します (/E および /PURGE と同等)
/LOG:ファイル ログ ファイルに状態を出力します (既存のログを上書きします)。
/LOG+:ファイル ログ ファイルに状態を出力します (既存のログ ファイルに追加します)。
/NP 進行状況なし - コピーの完了率を表示しません。
/TEE コンソール ウィンドウとログ ファイルに出力します。
/R:n 失敗したコピーに対する再試行数: 既定値は 1,000,000。
/W:n 再試行と再試行の間の待機時間: 既定値は、30 秒です。
/REG 既定の設定としてレジストリに R:n と /W:n を保存します。

その他

コピー時のアクセス権エラー

WindowsからNASにコピーする際、次のようなエラーが出力されることがある。
(詳細は調べていないが、LAN内でWindowsからLinuxへコピーする際?)

30 秒間待機しています... 再試行しています...
2015/02/05 01:59:03 エラー 5 (0x00000005) ファイル属性を変更しています m:\temp\
アクセスが拒否されました。

この問題を回避するには、コピーの際に属性情報を含めないようにすれば良いようです。

robocopy d:\temp m:\temp /copy:DT

copyオプションのデフォルト値は DAT
D:データ
A:属性情報
T:日付情報

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
41