Edited at

InstanceStoreとElasticBlockStore要点まとめ

More than 5 years have passed since last update.

[AWSマイスターシリーズ] Instance Store & Elastic Block Store


AWS上のストレージサービス

EC2にマウント
バックアップ
複数地点での冗長化
揮発性

InstanceStorage
o

o

EBS
o

StorageGateway
o
o

S3

o
o

Glacier

o
o

kinesis

o

SQS

o

RDS

o

DynamoDB

o

SimpleDB

o

ElasticCache

o


InstanceStore ポイント


  • サイズ、個数、ディスクタイプ等がEC2インスタンスタイプで決まっている

  • ローカルディスクのためネットワークの影響を受けにくい

  • インスタンスを停止するとデータは消去される
    *再起動の場合は消えない

  • スナップショット機能はなし

  • インスタンス間での付け替え、共有不可

  • 一つのEC2に対して複数のアタッチは可能


EC2に接続するEphemeralDisk数の変更

EC2起動後はInstanceTypeを変更しても、InstanceStoreは変更できないため再度AMIから選択する必要がある。

サイズの変更はできないので、複数のDiskをOSからストライブし拡張する。


スワップ領域としての活用

※AWSは物理環境では無いため、メモリのオーバーコミットができない。

→メモリ容量の小さいt1.microとc1.mediumのLinuxでは900MBのデバイスが割り当てされておりSwapOnすることで利用が可能になる


EphemeralDiskのBlockDeviceMappingの表示

EC2は確認できない。AMIは可能。

起動中のEC2のBlockDeviceMappingを確認するには以下コマンドからメタデータ情報を参照する

$ GET http://{pubricIP}/latest/meta-data/block-device-mapping/


M3インスタンスでのInstanceStore

新型CPUを搭載したインスタンスタイプ、従来はEBSのみの接続だったがSSDが選択可能になった。


EBS ポイント


  • 1GBから1TBまで

  • データは永続的に保存される

  • 一つのEC2に複数のEBSをアタッチできる

  • AZに存在する

  • 他のEC2に付け替え可能

  • スナップショットから他のAZにEBSを複製可能

  • ネットワーク接続だがネットワークを意識せず利用できる


スナップショットとは


  • EBSの特定時点のスナップショットをS3に保存(安価な長期保存ができる)

  • 2回目以降は差分のみS3に保存される

  • スナップショットのバージョン管理ができる

  • EBSボリュームを作成・復元ができる(AZまたぐのも可能)

  • AWSアカウント間での共有が可能

  • EBSのサイズ変更はスナップショットを活用する


初のリージョン間機能 SnapshotCopy

作成したスナップショットをリージョン内、リージョン間問わずコピーする機能

対象:EBS、MarketPlace、VMimport経由のAMI、StorageGateway、RDS、Redshiftのスナップショット


Provisioned IOPS


  • IOPSが指定できるEBS(EBS-Optimizedインスタンスの利用を前提としている)

  • IOPS値は100から4000の間で1刻みで指定可能(通常は2000まで)

  • EC2の作成時に合わせて作成


EBS-OptimizedInstance


  • EBSようにネットワーク帯域を最適化

  • 確保される帯域500Mbps〜2000Mbps(HPC以外・従来は1000Mbpsまで)

  • StandardEBS選択時にも効果あり

  • ProvisionedIOPSと組み合わせることでI/Oが最適化される

  • 対応インスタンスタイプが大幅に増加した


PIOPSとEBS-Optimizedの組み合わせ

StandardEBS - EBS-Optimized EC2 → IOが安定

PIOPS EBS - EBS-Optimized EC2 → 高速なIOが安定

PIOPS EBS - EBS-Optimized EC2 → 非推奨