Node.js
nodebrew
anyenv
ndenv

nodebrew から ndenvに切り替えたメモ(OSX)

More than 1 year has passed since last update.

nodebrew は .node-versionを参照してバージョンを自動で切り替える機能が無いので、
ndenvを切り替えました。

メリット

direnvでnodebrewが入っている場合は、特定のバージョンを使うように強制
しても良かったのですが

  • .node-versionを指定しておくと勝手にそのバージョンを使用
  • anyenvで管理可能
  • anyenvを使っていなくてもI/F自体はほぼrbenvと同様

というメリットが合ったので変更しました

ndenvのインストール

brew install ndenv
echo 'export PATH="${HOME}/.ndenv/bin:${PATH}"' >> <your rc file>
echo 'eval "$(ndenv init -)" >> <your rc file>
exec $SHELL -l

node-buildのインストール

I recommend using node-build for installing node itself. See also node-build.
とあるので node-buildもインストールします

git clone https://github.com/riywo/node-build.git $(ndenv root)/plugins/node-build

$(NDENV_ROOT)/plugins/*/bin配下にインストールする必要があります。(こちら)
homebrewでインストールしてsymlink貼っても良さそうですが、とりあえず簡単な git clone

nodebrew環境のアンインストール

パスの削除

rcファイルに↓があるはずなので削除します

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin/npm:$PATH

nodebrew関連の削除

  • brew uninstall nodebrewnodebrewを削除します
  • ~/.nodebrew ディレクトリを削除します