Java
開発環境
Tomcat
OSS

iPLAssインストールまとめ


1. iPLAssとは

iPLAssとは、エンタープライズクラスのシステム開発における生産性向上を主目的とした、javaベースの開発プラットフォームです。

MVCパターンベースの開発フレームワーク上にノンプログラミングでの開発を可能とする機能を提供し、

高い生産性とカスタマイズ性を両立させます。


2. 前提条件

本手順は以下を前提条件としています。


  • Windows環境であること。

  • JDK11(OpenJDK)がインストール済みであること。


3. 環境構築


a. Apache Tomcat(以下、Tomcat)のインストール

Tomcatの ダウンロードサイト からTomcat 9のインストーラをダウンロードします。

Coreの"32-bit/64-bit Windows Service Installer"をダウンロード

ダウンロードしたインストーラを実行し任意の場所にインストールします。


b. MySQLのインストール

MySQLの ダウンロードサイト からMySQL Installer(5.7)のインストーラをダウンロードします。

"Windows (x86, 32-bit), MSI Installer"をダウンロード

ダウンロードしたインストーラを実行し任意の場所にインストールします。

インストールの際は以下を設定してください。

Setup Type = Server only

Type and Networking:ConfigType = Dedicated Machine

MySQL(my.ini及びmy.cnf)を設定します。

以下の例の通り、設定を変更してください。


設定ファイルはデフォルトでMySQL Server本体のフォルダにmy-default.iniがありますが、こちらではなく、

データベースに紐づくmy.ini(Windowsの場合、デフォルトC:\ProgramData\MySQL以下にあるmy.ini)を編集してください。


  [client]

  default-character-set=utf8mb4

  [mysql]
  default-character-set=utf8mb4

  [mysqld]
  character-set-server=utf8mb4
  max_allowed_packet=100M
  transaction-isolation=READ-COMMITTED
  query_cache_size=0
  lower_case_table_names=1
  innodb_file_format=Barracuda
  innodb_file_per_table=1
  innodb_large_prefix=1
  internal_tmp_disk_storage_engine=MyISAM

その他の項目は適宜状況に応じて変更してください。

ファイルの修正が完了したら、MySQLを再起動してください。


c. MySQL JDBCドライバのインストール

ダウンロードしたファイルを任意の場所に展開します。

C:\Program Files (x86)\MySQL\Connector J 8.0

展開したフォルダにあるJDBCドライバファイルを前手順でインストールしたTomcatの次の場所へコピーします。

%CATALINA_HOME%\lib

※「CATALINA_HOME」はTomcatをインストールしたディレクトリを指します。

iPLAssホームディレクトリ

環境変数「IPLASS_HOME」に設定されたディレクトリがiPLAssホームディレクトリとなります。

特に設定がない場合は次のディレクトリがiPLAssホームディレクトリとなります。

%USERPROFILE%\.iplass

※「USERPROFILE」だと、半角スペースとか含まれてうまく動作しないことがあるので、「IPLASS_HOME」を環境変数に設定しましょう。


4. iPLAssのインストール


a. インストーラファイル(iplass.war)の取得

インストーラファイルが手元にない場合、次のいずれかの方法で取得します。

ダウンロードサイトからiPLAss Installerをダウンロードします。


b. Tomcatへのiplass.warのデプロイ

取得した「iplass.war」をTomcatの次の場所へコピーします。

%CATALINA_HOME%\webapps

Tomcatが起動していない場合はWARファイルをコピー後、Tomcatを起動してください。

Tomcatが既に起動している場合、WARファイルをコピーすると自動的にデプロイが開始されます。


c. セットアップ画面の表示

Webブラウザに次のURLを入力しセットアップ画面にアクセスします。

iPLAssセットアップ画面のURLは下記となります。

http://localhost:8080/iplass

または

http://<サーバのホスト名またはIPアドレス>:8080/iplass

※Tomcatのポート番号を変更した場合は設定したポート番号を指定してください。

※Windows serverだと、administratorでインストールしないと権限回りでおかしくなるので、注意が必要。

とりあえず、ここまで。