search
LoginSignup
9
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Emacs Tramp Mode使い方(port指定+sudo権限)

正直よくわかっていないが,どうやらemacsにはtramp-modeという
remote server上のファイルをlocalで(にあるかのように)編集できる機能
があるらしいので,さっそく試してみた.

いくつかつまづいたポイントがあるので,メモ書き程度に残しておく.

使い方

C-x C-f /ssh:user1@hostname1:path/to/file
でremoteにあるファイルにアクセスできる

以下はそのときの~/.ssh/config

host user
     HostName hostname1
     User user1

Portの指定

ここがちょっとつまづいたところ.
port番号を指定してsshする場合などはこれが必要になる.
C-x C-f /ssh:user2@hostname2#22:path/to/file
HostNameのあとにport番号(#22)を指定するのがミソ

以下はそのときの~/.ssh/config

host user
     HostName hostname2
     User user2
     Port 22

sudo権限で実行

ここがさらにつまづいたところ.
例えば,/etc/以下のファイルなどをいじるときはこれが必要になる.
C-x C-f /ssh:user3@hostname3|sudo:hostname3:path/to/file
|sudo:hostname3がミソ

port指定+sudo権限

最終的に,自分のsudo権限が必要なファイルにport番号指定してアクセスするのは,
C-x C-f /ssh:user4@hostname4#44|sudo:hostname4:path/to/file
でいける.

以下はそのときの~/.ssh/config

host user
     HostName hostname4
     User user4
     Port 44

参考にさせていただいた記事

Tramp でポート指定する方法
[Emacs] tramp-modeが便利

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
9
Help us understand the problem. What are the problem?