Help us understand the problem. What is going on with this article?

JenkinsでGitHubログインできるようにする

More than 1 year has passed since last update.

GitHubログイン

  1. Jenkins UIでプラグインをインストール
    1. Jenkinsの管理→プラグインの管理→「利用可能」タブ
    2. GitHub Authentication plugin をチェックしインストール
  2. 認証の有効化
    1. Jenkinsの管理→グローバルセキュリティの設定
    2. 「セキュリティを有効化」にチェックが入っていることを確認
    3. 「Github Authentication Plugin」を選択
    4. WebURI、APIURI、Scopeに下記値を入力し、ClientIDとClientSecretは各自の値を入力(※後述) github.png
    5. 保存
  3. ログインができるか確認する
    • 別ブラウザを起動し、GitHub認証でログインできるかチェックする("Authorize application"を押下)
      ※「権限管理」を「ログイン済みユーザーに許可」にしておくと、仮にGitHubログイン設定がうまくいっていない場合でも別ブラウザで試せば締め出されず安全です

詳しいドキュメントはこちらを参照

※ClientIDとClientSecretの発行

  1. GitHubログインさせたいアプリケーションをRegister a new OAuth applicationに登録する
    • Application Name, Application Descriptionは任意
    • Homepage URL は JenkinsURLを記載
    • Authorization callback(赤矢印←)の URLの値に注意
      • Authorization callback URLにはJenkinsURLのあとに /securityRealm/finishLogin をつけるのを忘れずに!
  2. ClientIDとClientSecretが発行されるのでJenkinsに設定する

まとめ

  • Basic認証でなくなるため、ユーザーはログインが楽になる
  • アカウント発行の手間が減り、管理者も楽になる (Roleの設定に関する記事はまたどこかに書きたいと思います)
  • win-win
bl-iida
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away