Help us understand the problem. What is going on with this article?

P5.js 日本語リファレンス(textureMode)

このページでは「P5.js 日本語リファレンス」 の textureMode関数を説明します。

textureMode()

説明文

テクスチャマッピングの座標空間を設定します。デフォルトのモードは IMAGE で画像の実際の座標を参照します。 NORMAL は 0 〜 1 の範囲の値の正規化された空間を指します。この関数は WEBGLモードでのみ機能します。
IMAGE では画像が 100 x 200 ピクセルの場合、画像を四角形の全体のサイズにマッピングするにはポイント (0,0)(100, 0)(100,200)(0,200) になります。 NORMAL での同じマッピングは(0,0)(1,0)(1,1)(0,1) になります。

構文

textureMode(mode)

パラメタ

  • mode
    定数:IMAGE または NORMAL

例1

let img;

function preload() {
  //画像
  img = loadImage('image.png');
}

function setup() {
  createCanvas(400, 400, WEBGL);
}

function draw() {
  // 画像空間を(0, 0)-(1, 1) で指定する
  texture(img);
  textureMode(NORMAL);
  beginShape() ;
  vertex(-150, -200, 0, 0);
  vertex( 150, -200, 1, 0);
  vertex( 150,    0, 1, 1);
  vertex(-150,    0, 0, 1);
  endShape() ;

  // 画像空間を(0, 0)-(300, 200) で指定する
  texture(img);
  textureMode(IMAGE);
  beginShape() ;
  vertex(-150,   0,   0,   0);
  vertex( 150,   0, 300,   0);
  vertex( 150, 200, 300, 200);
  vertex(-150, 200,   0, 200);
  endShape() ;
}

実行結果

https://editor.p5js.org/bit0101/sketches/S3csBXQtt

著作権

p5.js was created by Lauren McCarthy and is developed by a community of collaborators, with support from the Processing Foundation and NYU ITP. Identity and graphic design by Jerel Johnson.

ライセンス

Creative Commons(CC BY-NC-SA 4.0) に従います。

bit0101
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away