Help us understand the problem. What is going on with this article?

P5.js 日本語リファレンス(color)

このページでは「P5.js 日本語リファレンス」 の color関数を説明します。

color()

説明文

colorデータ型の変数に格納する色を作成します。 パラメータは現在のcolorMode() に応じてRGBまたはHSB値として解釈されます。 デフォルトモードは0〜255のRGB値であるため、関数呼び出しcolor(255, 204, 0)は明るい黄色を返します。

color() に提供される値が1つだけの場合、それはグレースケール値として解釈されます。 2番目の値を追加するとアルファ透明度に使用されます。 3つの値が指定されるとそれらはRGBまたはHSB値として解釈されます。 4番目の値を追加するとアルファ透明度が適用されます。

単一の文字列引数が指定されている場合, RGB, RGBA, および16進数のCSSカラー文字列とすべての名前付きカラー文字列がサポートされます。 この場合, 2番目の引数としてのアルファ値はサポートされていません。RGBA形式を使用する必要があります。

function draw() {
  colorMode(RGB);
  let c = color(255, 204, 0); // RGBで黄色を指定
  fill(c); 
  rect(30, 20, 55, 55); 

  c = color(90); // グレー色を指定
  fill(c);
  ellipse(100, 75, 80, 80);

  c = color('blue'); // 名前付きカラー文字列で blue を指定
  fill(c);
  rect(160, 20, 60, 60);

  c = color('#00ff00'); // 16進数のCSSカラー文字列で緑色を指定
  fill(c);
  rect(200, 60, 45, 80);

  colorMode(HSB, 100); // カラーモードをHSBに設定
  c = color('hsb(0, 80%, 100%)'); // HSBで赤色を指定
  fill(c);
  rect(270, 10, 45, 80);

  c = color('hsba(160, 100%, 90%, 0.5)'); // HSBでアルファ透明度付きの緑色を指定
  fill(c);
  rect(300, 60, 45, 80);
}

実行結果

color.JPG

著作権

p5.js was created by Lauren McCarthy and is developed by a community of collaborators, with support from the Processing Foundation and NYU ITP. Identity and graphic design by Jerel Johnson.

ライセンス

Creative Commons(CC BY-NC-SA 4.0) に従います。

bit0101
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした