search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

P5.js 日本語リファレンス(curveVertex)

このページでは「P5.js 日本語リファレンス」 の curveVertex関数を説明します。

curveVertex()

説明文

曲線の頂点座標を指定します。この関数は beginShape() と endShape() の間で、かつbeginShape() に MODE パラメータが指定されていない場合にのみ使用できます。 WebGL モードの場合, curveVertex() は2Dおよび3Dモードで使用できます。 2Dモードは2つのパラメータを想定していますが、3Dモードは3つのパラメータを想定しています。

一連の curveVertex() ラインの最初と最後のポイントは、カーブの開始と終了をガイドするために使用されます。 2番目と3番目のポイント間に小さな曲線を描くには, 最低4つのポイントが必要です。 curveVertex() を使用して5番目のポイントを追加すると、2番目、3番目、4番目のポイント間にカーブが描画されます。 curveVertex() は Catmull-Rom スプラインの実装です。

構文

curveVertex(x, y)

curveVertex(x, y, [z])

パラメタ

  • x

    Number:頂点のx座標

  • y

    Number:頂点のy座標

  • z

    Number:頂点のz座標(WebGLモードの場合)(オプション)

例1

function draw() {
  strokeWeight(5);

  // 定義点を描画する
  stroke(50, 200, 255); // 水色
  point(150, 80);
  stroke(255, 0, 0); // 赤色
  point(84, 91);
  stroke(0, 255, 0); // 緑色
  point(68, 19);
  stroke(0, 0, 255); // 青色
  point(21, 17);
  stroke(255, 165, 0); // オレンジ色
  point(32, 91);

  strokeWeight(1);
  noFill();
  stroke(0);

  beginShape();
    curveVertex(150, 80); // 水色
    curveVertex(84, 91);  // 赤色
    curveVertex(68, 19);  // 緑色
    curveVertex(21, 17);  // 青色
    curveVertex(32, 91);  // オレンジ色
    curveVertex(32, 91);  // オレンジ色
  endShape();
}

実行結果

curveVertex.png

著作権

p5.js was created by Lauren McCarthy and is developed by a community of collaborators, with support from the Processing Foundation and NYU ITP. Identity and graphic design by Jerel Johnson.

ライセンス

Creative Commons(CC BY-NC-SA 4.0) に従います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1