Edited at

Windowsキー操作, Linuxコマンド, Emacs操作


Windowsキー操作

これでマウスを捨てられる.

操作
キー
補足

画面切り替え
Alt + Tab

ファイラー開く
Win + E

ウィンドウ終了
Alt + F4

タブ終了/ファイラー終了
Ctrl + W
タブはブラウザなど

タブ切り替え
Ctrl + Tab
タブはブラウザなど

設定
Win + I

メニュー
Win + X
ここからタスクマネージャーなど呼べる

右クリック
キーボードの右下にあるノートみたいなやつ

更新
F5
ファイラーやブラウザなどで

タスクバーへ
Win + T

照準の変更
Tab
キーボード操作の基礎. Shiftキーと組み合わせて逆方向移動. これと矢印キーさえあればファイラーでどこでもいける.

決定
Space / Enter
決定は意外とSpaceキーの事が多い. EnterはYESと解釈されることも (照準がNOでも).

連続したファイル選択
Shift + 矢印
ファイラーにて

飛び飛びのファイル選択
Ctrl + 矢印, Space
この操作もマウスなしでできる. Ctrlを離さなければ, 次々とSpaceでファイル選択できる.

アクションセンター
Win + A

ロック
Win + L

画面選択/仮想デスクトップ選択
Win + Tab

仮想デスクトップ間移動
Win + Ctrl + 矢印
矢印は←か→

仮想デスクトップ作成
Win + Ctrl + D

仮想デスクトップ削除
Win + Ctrl + F4

コピー
Ctrl + C

ペースト
Ctrl + V

切り取り
Ctrl + X

元に戻す
Ctrl + Z
ファイラーやエディタ

やり直し
Ctrl + Y
ファイラーやエディタ

検索
Ctrl + F

置換
Ctrl + H
エディタ

アドレスバーへ
Ctrl + L
ブラウザやファイラー

キャレットの単語間移動
Ctrl + 矢印
たいていのエディタで使える

ファイル名変更
F2
ファイラー, オフィスの文字編集など

フルスクリーン
F11
ファイラー, ブラウザなど

アクセスキー(ニーモニック)
Alt + 何か
よくファイル(F)とかあるFのこと. Alt + Spaceは隠れコマンド.

サブウィンドウの終了
ESC
Alt + F4でもいけることもあるが, それでは親ウィンドウが消される可能性もある.

デスクトップに移動
Win + D

最小化
Win + M

ディスプレイ拡張・複製など
Win + P

ウィンドウの移動
Win + 矢印
最大化やセカンドディスプレイへの移動, 画面分割などに使える.


Linux基本コマンド

操作
コマンド
補足

ログアウト

exit / logout

CPU利用状況を確認
top
qで終了

ログインユーザーの確認
w

プロセス(PID)の確認

ps / ps -al

プロセスの終了
kill PID
psによりPIDを確認、9オプションで強制終了

プロセスの終了
pkill COMMAND
topによりCOMMANDを確認

コマンドに対するプロセスIDの確認
pgrep COMMAND

ファイルを掴んでいるプロセスの確認
lsof ファイル名

テキストファイルを見る

cat ファイル / nl ファイル / less ファイル / more ファイル

nlは行番号がつく. less -Nで行番号表示.

ファイルの先頭を見る
head
-n 数字で行数指定

ファイルの末尾を見る
tail
-n 数字で行数指定

テキストファイルからパターンを取り出す
grep ファイル -e パターン
-nオプションで行番号表示

ファイルの確認

ls / ls -lh

カレントディレクトリの確認
pwd

ディレクトリの変更
cd

コピー
cp コピー元 コピー先
フォルダの場合はrオプションを付ける

移動/リネーム
mv 移動元 移動先

削除
rm ファイル
フォルダの場合はrオプションを付ける

フォルダ作成
mkdir 名前

バックグラウンドでコマンドを動かす
nohup コマンド

ファイルを関連付けプログラムで開く
xdg-open ファイル
pdfの確認など

全体の容量確認
df -h

カレントディレクトリ以下で容量確認
du -h

画面のクリア
clear

主記憶の確認
free -h

文字列置換
sed ファイル -e "s/置換前/置換後/"

コマンド履歴
history

リモートログイン
ssh アカウント名@アドレス

リモートデータ転送
scp ./ファイル アカウント名@アドレス:./
ファイルを送る. フォルダの場合-rオプション

直前のコマンド実行
!!

履歴の実行
!番号
historyコマンドで番号を確認


テクニック


  • 連番フォルダ作成: (例) mkdir `seq 9`

  • cdにもwildcard(*, ?)が使える(ディレクトリ名が長すぎるときに便利): (例) cd *suffix

  • 欲しい情報だけ取り出したいときgrepとsedを組み合わせて使う: (例) grep ファイル -e accuracy | sed "s/.* =//"


Emacs操作

MetaキーはEscキーであることが多い

操作
コマンド
補足

起動

emacs -nw / emacs -nw ファイル名

終了
Ctrl+x, Ctrl+c

コマンドのキャンセル
Ctrl+g

ファイルを開く
Ctrl+x, Ctrl+f

保存
Ctrl+x, Ctrl+s

バッファの切り替え
Ctrl+x, b

画面の分割(上下)
Ctrl+x, 2

画面の分割(左右)
Ctrl+x, 3

画面の結合
Ctrl+x, 1

画面間のカーソル移動
Ctrl+x, o

バッファの消去
Ctrl+x, k

検索
Ctrl+s

検索(逆方向)
Ctrl+r

置換
Meta+%
全置換は入力後!

範囲選択
Shift+矢印

全選択
Ctrl+x, h

単語間移動
Ctrl+矢印

選択範囲のコピー
Meta+w

選択範囲の切り取り
Ctrl+w

貼り付け
Ctrl+y

元に戻すundo

Ctrl+/ / Ctrl+x, u

やり直しredo
Ctrl+g, Ctrl+/
元に戻すの操作の後に

指定回数コマンドを実行
Meta+数字, コマンド

ターミナルを開く

Meta+x, shell / Meta+x, eshell / Meta+x, term

3種類のターミナルを使えます。それぞれのターミナルにクセがあるので、好きなものを使おう。 Ctrl+u Meta+x shell で複数のターミナルを起動可能.